法事・法要の種類

法事・法要とは、先祖の霊を供養することをいいます。まずは、法要の種類について紹介します。


追悼法要

故人の供養のために、忌日と百か日、命日には法要を営みます。仏教では七日ごとに法要を営み(初七日、二七日、三七日…)ます。もともと死後七日目ごとに七回の忌日を数えたものだが、これは故人が七日目ごとに生まれ変わるのでそのたびに供養する、あの世では七日目ごとに生前の行動の裁きが行われるので罪を軽くするためといって読経が行われます。

今は人の集まる不便さなどから、告別式後に初七日法要をしてしまい、七七日忌の四十九日で忌が明けるとするのが一般的になっています。このときは盛大な法要を営み、たいてい、この日に納骨します。

百か日法要は死後百日目の法要で、遺族が気持ちの切り替えをする日とされますが、最近は略されることが増えています。

故人の死後、初めてのお盆は「新盆」(初盆)と呼び、親族などを招いて僧侶に読経してもらい、来客に茶菓や酒宴でもてなすこともあります。参加者は「御仏前」などの表書きで現金を包むケースが多いようです。

年忌法要

故人の死後一年目に「一周忌」、二年目に「三回忌」を営み、後はこれに準じて、「七回忌」「十三回忌」「十七回忌」「二十三回忌」「二十七回忌」「三十三回忌」を営みます。本来は祥月命日にするのですが、参列者の都合を考え、命日の前の土・日などが多いです。

命日と祥月命日

命日は故人の死亡日と同じ日をいいます。同月同日は「祥月命日」といいます。

神式の場合

神式では死後、「十日祭」「五十日祭」「百日祭」を行ない、一年目は「一年祭」、二年目は「二年祭」、その後は「三年祭」「五年祭」「十年祭」「五十年祭」と続きます。

五十日祭では、神棚や御霊舎に貼ってあった白い紙をはがす「清祓いの儀」を行ない、その後、霊璽を御霊舎に移す合祀祭をします。式年祭は墓前、斎場、自宅などで、神官による修祓の儀・献饌・祭詞奏上・玉串奉奠を行ない、会食を行います。

キリスト教式の場合

カトリックでは、死後三日目、七日目、三十日目に聖堂に親族、友人、知人が集まり、神父の手で追悼ミサが行なわれます。この後は一年ごとの昇天記念日に集まり、追悼会を催します。

プロテスタントでは、死亡後一か月目の召天記念日に教会か自宅に関係者が集まり、牧師による祈祷、聖書朗読の後、賛美歌斉唱などをして茶話会を開きます。その後、一年目、三年目、七年目の記念日などに教会で追悼式を行ない、茶話会を開きます。

ペットの葬儀と供養

ペットが死ぬと、自宅の庭に埋めるケースが多いですが、ペット専門の火葬場・霊園もあります。市区町村役場に問いあわせると、遺体の引きとりに応じたり、ペットの葬儀をする業者を紹介してくれます。

次は、法事・法要に呼ばれた場合の準備とマナーを紹介します。

次の記事

「法事・法要に呼ばれた場合の準備とマナー」

    
コメント