大人になったら知っておきたい! お盆の法事・法要

お盆は、なくなった人を祀る儀式を意味します。お盆の時期は地方によって異なりますが、7月13日または8月13日からの4日間に行なわれます。今回はお盆に行う法要について紹介します。


新盆はいつもよりもていねいに供養しよう

四十九日の忌明けが過ぎてから、初めて迎えるお盆のことを「新盆(初盆)」といい、いつものお盆よりもていねいに供養します。通常は十三日の朝ですが、新盆は早めに盆棚を設けます。盆棚には、決められたお供えのほか、故人の好きだった料理やものを供え、近親者を招いて、僧侶にお経をあげてもらいます。忌明けの前にお盆が来てしまう場合は、翌年が新盆となります。

盆棚のつくり方

仏壇の前に「盆棚」を設けます。小さな机などの上に、ござやむしろを敷き、位牌を置きます。そして、盆花、線香、果物や野菜などの供物を起きましょう。

もっとも近い親戚が白張提灯を贈る

新盆に招かれた場合、もっとも近い近親者は、白張提灯を贈るのが慣わしです。ほかの親戚は普通の盆提灯を贈ります。ただ、最近は提灯を飾らないことも多いので、「御仏前」「お提灯代」として金包にしてもよいでしょう。また、初盆以降は、「絵柄の入った提灯」を用います。

迎え火で霊が道に迷わないようにしよう

お盆というのは、死者の精霊が家に帰ってくるとされる仏教の行事です。その精霊をわが家に導く迎え盆の手順は、仏壇をきれいにし、墓参りにも行って掃除をしましょう。

家庭では団子などの供物を飾り、十三日に迎え火をたくか玄関に提灯を下げます。これは霊が迷わずに帰ってこられるように目印にするという意味です。送り盆である十六日にが送り火をたくが、地方によっては灯籠流しの行事の場合もあります。

お墓参り

お盆期間中には、家族全員でお墓参りに出かけましょう。お墓参りでは、掃除をします。以前に飾った花の残骸、落ち葉、雑草など周辺の掃除をしてから墓石に水をかけ、汚れやコケを落とします。墓地には手桶や掃除道具が用意されています。掃除の後は、お供えやろうそく、線香を供えます。

法要

お盆では僧侶を招いて、法要を行うのが正式です。

前の記事

「法事・法要の流れ」

    
コメント