11月の行事・イベント。七五三、酉の市、文化の日、ボジョレーヌーボー解禁!

11月の行事・イベントである七五三、酉の市、文化の日、ボジョレーヌーボー解禁を紹介します。


七五三

七五三は11月の行事です。11月15日に行われるのが本来ですが、土日やピークを外して七五三をする人も増えています。数え年で3歳、5歳、7歳の子供の成長を祝う儀式です。

数え年3歳を「髪置きの儀」とし、男女とも行います。江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了します。

数え年5歳を「袴儀」とし、男の子だけが行います。男子がはじめて袴をはくことで成長を祝います。

数え年7歳を「帯解きの儀」とし、女の子だけが行います。子供用のひも付きの着物から、大人と同じ作りの着物を着ることで、成長を祝います。

酉の市

11月の酉の日には、鷲神社(大鳥神社)で開運の神様といわれる鷲明神をまつ祭礼が行なわれ、酉の市と呼びます。鷲神社は武運長久の神として武士の間で信仰が厚かった神社。江戸時代に、境内の市で農耕具を並べたところ、「福をかき集める」といわれて縁起物になりました。その中でも特に、熊手が人気を集めました。

やがて、この熊手に七福神、お多福、宝船などの縁起物をつけた華やかな飾り物へと進化していきました。商いをする家では、年々、この熊手を大きなものに買い替え、商売の発展を願うようになりました。

まず最初は小さなものから購入し、年を重ねるごとにだんだん大きなものにしていくのが慣わしです。また、買うときには言い値ではなく、とりあえず値切ってみるのもお約束です。

大きい熊手を買わなくても、鷲神社が授けてくれる小さな熊手や御札があれば、商売繁盛の願いはかなえられると伝えられています。酉の市に出かけることがあれば、小さなものからでもよいので試してみましょう。

文化の日

文化の日である11月3日には文化勲章などの親授式が行なわれる皇居では、11月3日文化勲章や各褒章などの親授式が行なわれます。11月3日は明治天皇の誕生日で、明治天皇が亡くなった後は「明治節」とされ、国民の祝祭日に制定されました。昭和21年に平和と文化を重要視した新憲法が公布され、これを記念して、昭和23年、自由と平和を愛し、文化を育む「文化の日」に制定されました。

ボジョレーヌーボー解禁日

11月21日は、ボジョレーヌーボーの解禁日です。フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区で作られる新酒のことです。新しいイベントとしてスーパーだけでなくコンビニでもボジョレーヌーボーを買うことができます。

「12月の行事・イベント」の詳細を調べる

    
コメント