ハロウィンはなぜ盛り上がったのか?

もともとはヨーロッパ発祥のお祭りであるハロウィンは、すっかり日本に定着したようです。ハロウィンの日の渋谷の交差点は、コスプレをした若者でうめつくされ、逮捕者を出す騒ぎとなりました。

10年ほど前のハロウィンといえば、幼稚園や保育園など子供向けのイベントとして盛り上がるか、外国人が電車をジャックするといったお騒がせな部分が目立っていました。しかし日本の普通の若者が、普通にコスプレをして渋谷を練り歩く、といった風景が現在では当たり前に見られるようになっています。ハロウィンが盛り上がる要素とは何なのか。考えてみましょう。


文化祭のノリ

ハロウィンは10月の末日に行われます。日本では文化祭のシーズンです。ハロウィンの格好は文化祭のお化け屋敷のコスプレを彷彿とさせます。さらに文化祭では女装コンテストや、その他もろもろのコスプレがよく行われています。もともと日本人が持っていた仮装文化にハロウィンがマッチしたのかもしれません。

チープさの魅力

ハロウィングッズは多くがチープな作りとなっています。そのため量販店などで安く手に入れることができます。黒いマントなどは場合によっては自作も可能でしょう。高級なものを着飾る必要がない、大衆的なお祭りということでハロウィンがなじみやすいのかもしれません。

シーズンの狭間

ハロウィンのシーズンはちょうどよいタイミングです。夏が終わり、残暑も一段落して、クリスマスまでは時間がある。ちょうどその間にハロウィンがしっかりハマっているのかもしれません。

「ハロウィンはいつ日本に広まった?」の詳細を調べる

    
コメント