ハロウィンはいつ日本に広まった?

10月といえばハロウィンの季節です。ハロウィンは10月の末日に行われるお祭りです。もともとは秋の収穫をお祝いする行事として、ヨーロッパで始まったものといわれています。しかしお祭りの中身よりも、かぼちゃの中身をくりぬいて光をともしたランタンの印象が強い人も多いでしょう。さらに子供が家々を訪ねてお菓子をもらう風習もありました。


日本に広まったのはいつ?

現在、日本で行われるハロウィンは仮装パーティーなどがメインとなっているように見えます。日本在住の外国人が仮装をして電車に乗るといった風景も東京では見られます。

しかし、ハロウィン自体もともと日本には存在しない風習でした。ハロウィンが日本に広まったのは1970年代に原宿のキディランドが、ハロウィングッズを売りだしたことにはじまると言われています。子供向けの行事として広めようとしていたのだということがわかります。もともと10月には子供向けの商戦というものが多く見当たりません。7月8月の夏休みが終わり、クリスマス商戦までの間に何か売るものを、ということでハロウンが始まったのかもしれません。

外国人の間では恒例行事

もともとハロウィンが行われていたアメリカやヨーロッパの人たちにとっては馴染み深いものですので、日本においても行われていました。欧米系の住民が住んでいる小笠原では昔から行われていたと言われています。

「11月の行事情報知ってる?」の詳細を調べる

    
コメント