冬じゃない「真夏」の成人式とは?

成人式のシーズンがやってきました。今年も20歳になったお祝いが日本各地で行われています。18歳の高校卒業を機に、就職や進学で地元を離れたという人も多いのではないでしょうか。成人式が久しぶりに同級生に再会する場所となるという人も多いかもしれません。しかし成人式は1月に行うというのは日本全国に共通のものではありません。場所によっては夏に成人式が行われることもあるのです。


なぜ夏なのか?

真夏に成人式をやる場所は東北地方をはじめ冬に雪が降る地方においてよく行われるようです。なぜ夏に成人式をやるかといえば、皆が集まりやすい季節のためです。年末年始は、職業にとっては稼ぎ時ということもあります。デパートやスーパーなどの販売業や、あるいは飲食などのサービス業などが該当するでしょう。多くの人が東京をはじめとする都会へ就職していった時代の名残かもしれません。さらに冬場の成人式となれば雪が降ることも予想されます。そうなると足場が悪い中で移動を余儀なくされてしまいます。そうした事態を避けるために真夏の成人式が行われているのです。

けっこう効率的?

1月の上旬というのは大学生にとっては試験のシーズンともなります。場合によっては留年や卒業がかかっているということもあるでしょう。そうした見地から見れば、夏場の成人式というのはけっこう効率的かもしれません。

「驚きの南半球のメリークリスマス」の詳細を調べる

    
コメント