驚きの南半球のメリークリスマス

クリスマスシーズンがやって来ました。町中にはクリスマスソングが流れ、ライトアップされた木々なども目にうるおいを与えます。さらに、今年は寒い日も多くあります。もしかしたら雪が降るホワイトクリスマスが訪れるかもしれません。

クリスマスといえば、クリスマスソングに七面鳥の丸焼きに、シャンメリーに、赤と白の服をまとったサンタクロースとさまざまに思い浮かべるものがあると思います。しかし、これはところ変わればまるで違うものとなるのです。


南の国では?

クリスマスの12月25日は日本でいえば冬になります。しかし、これは日本と同じ緯度にある国々に限ったものです。例えばタイなど常夏の国でもクリスマスが祝われます。Tシャツ一枚で過ごせる季節ですので、サンタクロースの格好をしてしまえば、とても暑苦しくなってしまいます。

南半球は真逆

さらに赤道より南にいった南半球では北半球と季節が逆になっています。つまり、日本を含む北半球が真冬であった場合、オーストラリアや南米は真夏ということになります。そのためオーストラリアのサンタクロースは海の向こうかわサーフィンに乗ってやってくるという話もあるほどです。場所が違えばサンタクロースの伝え方にもさまざまな違いがあることがわかります。

ちなみにサンタクロースのふるさとはどこかと言えば、北欧のあたりと言われています。実際にサンタクロースの住所があり、手紙を送ると返事が来るという話もあります。

「お正月前に知っておきたい門松、しめ縄・しめ飾り、鏡餅、神棚など正月飾りの準備!」の詳細を調べる

    
コメント