正月飾りの準備をしよう! 門松、しめ縄・しめ飾り、鏡餅、神棚など正月飾り準備の基本

正月を迎えるには、門松、鏡餅、神棚など正月飾りの準備をする必要があります。今回は知っているようで知らない正月飾り準備の基本を紹介します。


正月飾りの由来

正月は各家に歳神様をお迎えし、1年の健康と幸せや豊作を祈ります。そのために年末から大掃除をして家中を清め、準備をします。

正月飾りの開始日

12月29日は「二重苦」、31日は「一夜飾り」といって葬式と同じになるので縁起が悪いとされているため、正月飾りは28日までか30日に飾ります。

正月飾りの終了日

歳神様は「松の内」だけ家にいるとされています。「松の内」が終わるのは関東では1月6日までとされているため、7日目には片づけます。「松の内」の考え方は地方によって異なるので、土地の風習に従いましょう。神社など正月飾りを燃やすのが正式なマナーです。

喪中の家は正月飾りはNG

喪中の場合、新年を迎えるにあたって、門松や鏡餅といった正月飾りはしないのが慣わしです。年賀状を出す、受け取ることもいけません。また、年始回りをしてはいけません。喪に服した状態でひっそりとお正月を迎えるのが基本である。

ただし、大掃除やおせち料理は家族の分だけ用意し、親戚や家族だけの身内の集まりなどをする分には問題はありません。

大掃除

日本の風習では、12月13日は「正月事始め」であり、この日に大掃除を行います。江戸時代からの伝統行事で、13日に江戸城で「御すす納め」が行われていたのが、一般庶民にも定着していきました。13日は仕事を休み、家族全員で大掃除をします。この大掃除は「すすはらい」といわれ、大正時代まで続けられていました。

門松

門松は、家の門口に「神を待つ」にちなみ、松の枝を立てたのが始まりです。その後、長寿を招くとして竹を添えるようになり、わらで編んだむしろで巻き、めでたい松竹梅にちなみ、梅の小枝と笹があしらわれるようになりました。

門松は12月26日~30日の間に飾るのが決まりで、31日に飾る「一夜飾り」は誠意がないとされています。29日に飾るのは「苦立て」と呼んで嫌われます。

門松は表の玄関に飾り、歳神様を迎える目印となります。葉が硬いものを雄松、葉が柔らかくて枝が多いものを雌松といい、門に向かって左に雄松、右に雌松を飾るのが正しい飾り方です。

門松は、三本の竹を束ねて松で囲み、梅や笹などをあしらい、むしろでくるんで荒縄で結んだものが正式な門松です。ただ、門柱のない家ですと、正式な門松を飾るのは難しいでしょう。そこで、マンションやアパートで門柱がない場合は、玄関ドアの両側に略式のものを飾りましょう。

しめ縄・しめ飾り

しめ縄は歳神様をお迎えする場所を清めるためと災いが入り込むのを封じる目的もあります。飾るのは門松と同じ日です。しめ縄は、向かって右に太いほうがくるようにして玄関や神棚に飾り、しめ飾りは玄関の正面、ドアの上、自動車などに飾ります。

神棚に飾るしめ縄は一年中飾っておくのが決まりですが、ほかのしめ縄としめ飾りは松の内が終わる7日には外します。しめ縄は、新わらを左回りにない、四手と呼ばれる細長く切った白い紙を下げれば閑静です。最近では、しめ縄を簡略化した「輪じめ」も人気です。

鏡餅

鏡餅は、歳神様へのお供え物です。歳神様へのお供え物。大小の餅を重ね、「よろこぶ」に通じる昆布、「代々」続くようにと「橙」などの縁起物を飾り、裏白、譲葉、紙垂をあしらいます。お供えをする際は、健康でいられるように祈願しましょう。鏡餅は12月28日までに用意します。

床の間に飾るのが基本ですが、床の間のない家なら、玄関の下駄箱の上、テレビの上でも構いません。

神棚

神棚はきれいに掃除し、古い御札ははずし、新しいしめ縄を張り、御札をまつり、餅や御神酒、灯明などを供えます。こうした作業は一家の主人が務めるのが慣わしです。12月26日から28日の間か30日に行いましょう。「苦立て」と嫌われる29日と、31日の「一夜飾り」は避けたほうがよいとされているからです。御札は中央に大神宮様、向かって右に氏神様、左にそのほかの神様をまつるのが決まりです。

次の記事

「鏡餅や門松はいつ飾れば良いの? 目からウロコの「お正月豆知識」」

前の記事

「正月が来る前に、正月の本来の意味をおさらい」

    
コメント