知っているようで知らない! おせち料理のこと

正月にはおせち料理を食べることが一般的です。今回は、知っているようで知らないおせち料理のことを紹介します。


おせち料理とは

おせち料理とは「お節料理」と書きます。この「節」とは、年5回の季節の変わり目の五節句を意味しています。神様にご馳走を供え、それをいただく習慣「御節供(おせちく、おせつく)」が生まれました。現在は最も重要な節である正月に作る料理となっています。

お節料理は、暮れから作りおきし、店が閉まるお正月に備えたり、年賀客をお節でもてなし、正月は主婦を家事から解放するという意味があります。

おせち料理の構成

四段重を使い、詰め方は5品、7品のように奇数で詰めるのが決まりです。地方によりおせち料理の構成は異なりますが、一般的なおせち料理の構成は以下のようになっています。

一の重には口取りといって黒豆・数の子・田作りの三種肴にかまぼこ、きんとん、昆布巻きなどを準備します。

二の重には焼き物(伊勢海老・鯛・ぶり・牛肉・鶏肉など)を準備します。

三の重には里いも・ごぼう・れんこん・ゆり根・しいたけなどの煮物を用意します。

与の重(縁起が悪いので四の重はNG)には、紅白なます、スバスなどの酢のものを入れるのが一般的です。

おせち料理のマナー

おせち料理は神様に食べていただくために作る料理であり、お正月に食べているおせち料理は、神様のお下がりです。だから、箸をつける順番には決まりがあります。最初は一家の主人や目上の人からおせち料理を食べます。

柳箸

お正月三が日は、柳で作った、両端が細くなった柳箸を使うのが古くからの慣わしとなっています。両細を使うのは、片方は神様がお使いになり、もう片方が自分が使うという意味からです。また、柳はしなやかで丈夫のため、折れにくくので縁起がよいとされています。「寿」と書かれた紅白の箸袋に入っており、箸袋には家族の名前を書きます。

次の記事

「正月はお屠蘇を飲もう!」

前の記事

「鏡餅や門松はいつ飾れば良いの? 目からウロコの「お正月豆知識」」

    
コメント