正月はお屠蘇を飲もう!

お屠蘇(とそ)って知っていますか? 正月に飲む縁起物のお酒のことです。それでは、お屠蘇について説明します。


お屠蘇の目的

元旦は家族揃って挨拶し、お屠蘇をいただきます。屠蘇というのは数種類の生薬を配合した「屠蘇散」を日本酒やみりんに浸したものです。邪気を祓い、心身を蘇らせる意味があります。三が日に飲めば邪を払って長寿をもたらすとされています。

お屠蘇のつくり方

お正月にはお屠蘇を飲む習慣が古くからあります。お屠蘇は、ただの日本酒ではなく薬酒のことです。山椒、桔梗、細辛、防風、肉桂、白朮、大黄、乾姜、蜀椒、虎杖などを入れます。

最近では、薬局で屠蘇散を購入すれば簡単に作ることができます。清酒の中に屠蘇散を入れ、一晩浸しておけばできあがります。

お屠蘇のマナー

お屠蘇は新年を祝うものなので、お酒が苦手な人であろうと断るのは避けましょう。飲む順番は年齢の一番若い人から飲みます。「年少者の若さを年長者が飲む」という意味から、子供から年長者へと飲んでいきます。年賀に訪れた人にすすめる場合も若い人から順にすすめていきます。

お屠蘇を飲むときは、大中小三つ重ねの杯を使い、それぞれの杯に注がれたお屠蘇を1人で飲み干します。杯は両手で持ち、三口に分けて飲みます。

次の記事

「初詣り参拝マナー講座」

前の記事

「知っているようで知らない! おせち料理のこと」

    
コメント