訃報を受けた時の対応方法

訃報(ふほう)を受けた時、弔問に駆けつけるかどうかは故人との関係性で対応が変化します。訃報を受けた時の対応方法を紹介します。


訃報を受けたときの対応

訃報を受けたときにとるべき行動は、故人との関係や、誰から連絡を受けたかによって異なります。それでは、故人とあなたの関係性別による訃報を受けた時の対応を紹介します。

1. 身内・親族の場合

故人が近親者で、遺族から連絡を受けた場合にはできるだけ早く駆けつけましょう。どこに行けばいいのか、確認を忘れないようにしましょう。ただし、喪家へ直接電話をかけることはできるだけ慎みます。駆けつけるときは喪服ではなく、地味なものを身につけ、お悔やみを述べます。故人との対面が終わったら、葬儀準備の手伝いをしましょう。遠方の場合は、通夜に間に合うか、何時に到着するかなどを伝えましょう。

2. 友人・知人の場合

友人、知人の訃報が伝えられた場合、通夜・葬儀の情報を聞き、そのどちらかに参列するのが基本です。親しい友人の場合は、弔問に伺いましょう。

3. 会社関係の場合

会社関係や仕事上の付き合いのある人は、告別式に参加するようにします。ただし、昼間などで告別式に参加できない場合は、通夜だけでも参加するようにしましょう。

また、会社の上司の指示を待ってから行動するのがビジネスマンのマナーです。ただし、同僚や特に親しい関係で、遺族から直接連絡を受けた場合はすぐに駆けつけます。その後、お悔やみを述べ、故人にも対面します。

4. 近所の場合

日頃の付き合いにもよりますが、急ぎうかがってお悔やみを述べ、「何かお手伝いすることがございましたら」と申し出ましょう。ただし、最近は、葬儀は葬儀社が取り仕切り、通夜や告別式の場所も葬祭場を利用することが多いので、近隣の人が手伝うことはほとんどありません。

訃報を遅れて知ったとき

訃報を聞いたとき、すでに通夜も告別式も終わっていたというようなケースは、できるだけ早く、弔問に伺いましょう。服装はきちんとし、香典とお供物を持参します。できれば初七日までの間に訪ねるべきですが、日程が調整できない場合は弔電、電話などで早く連絡をしましょう。あまりにタイミングがずれてしまったら、お悔やみ状を出すか、納骨後に墓参りに伺いましょう。

仏式の場合、四十九日までは、故人の遺骨は自宅の祭壇に飾られるのが一般的です。香典や花などを持って訪問し、焼香します。四十九日過ぎなら、お悔やみの言葉とともに、花やお菓子を届けるようにしましょう。

次の記事

「弔問に訪れるときに気をつけたいマナー」

前の記事

「通夜見舞い、通夜ぶるまいのマナー」

参考リンク

「お通夜のマナー」

    
コメント