香典の渡し方、ふくさの包み方のマナー

香典の渡し方にもマナーがあります。渡すタイミング、ふくさ、出席できない時など知っておきたい香典のマナーを紹介します。


香典を渡すタイミング

通夜と葬儀両方に参加する場合、どちらで香典を出すか迷いますよね。この場合は、通夜に参加したタイミングで香典を出すのが一般的なマナーとなっています。

出席できないときは現金書留で郵送

遠方に住んでいる、事情により通夜・告別式に参列できない場合、香典は郵送します。香典は必ず不祝儀袋に入れ、現金書留封筒で送ります。お悔やみの手紙を添えることも忘れないようにしましょう。その際、丁重なお悔やみと、どうしてもうかがえない理由を書くのが礼儀です。

ちなみに、香典を持参するのは、葬儀のための祭壇が整って以後が基本のため、遅くなるのは失礼にあたりません。告別式以後に弔問の機会をつくれるのなら、まず弔問の手紙だけを書いて出し、香典は後日の訪問のとき持参してもマナー違反にはなりません。

香典はふくさに包む

不祝儀袋を裸のまま上着のポケットに入れていったり、買ったときの透明袋に戻して傷つけないようバッグに入れておくのはマナー違反です。香典は、「ていねいに扱っています」という思いを表わすために、ふくさに包んで持参するのが礼儀です。グレー、紺、紫などの不祝儀用のふくさを用意し、弔事の作法で包みます。最近では台付きのふくさもあります。

ふくさの包み方

弔事の場合は、次の手順でふくさに包みます。

1. ひし形に広げる。
2. 中央に不祝儀袋を置く。
3. 右、下、上、左の順に包みます。

ちなみに、慶事の場合はこれが逆になり、左、上、下、右の順に包みます。

ふくさがないときはハンカチ

ふくさがないときはハンカチで代用しましょう。黒や白など地味な色のハンカチに包んで持参します。不祝儀袋をむきだしで持参することは避けましょう。

香典の渡し方

香典は、会場の受付で渡す場合と、遺族に直接渡す場合があります。

1. 受付で渡す場合

受付で渡す場合は、「このたびは御愁傷様でございます。」とおくやみの言葉を述べ、記帳をすませます。ふくさから取りだし、表書きの名前を相手側に正しく向けて両手で持って差しだします。そして黙礼するか、「このたびはご愁傷様でした」とお悔やみの言葉を述べて渡しましょう。会場によっては、先に香典を渡す場合もあります。

2. 遺族に渡す場合

遺族に渡す場合は、ふくさから出し、表書きの名前を遺族に向けて畳や台の上に置き、自分から見て手前側をそっと押すようにして渡すか、両手で持って相手に手渡しましょう。

香典を贈ってはいけないケース

「御厚志はお断り申し上げます」

とある場合は、香典を贈るのはマナー違反です。どうしても贈りたいという気持ちがあっても、故人や遺族の思いを尊重するようにしましょう。

「供花・供物は固くご辞退させていただきます」

とある場合は、香典は贈ります。間違えやすいので注意しましょう。

次の記事

「供花の贈り方」

前の記事

「香典の書き方、包み方のマナー」

    
コメント