供花の贈り方

供花(くげ)は、死者をしのび、霊前などに供える花のことです。故人と深い間柄であった場合、香典とは別に供花も贈ることもあります(香典、供花、供物は、どれかひとつを贈れば良いとされています)。葬儀で供花を贈るときのマナーを紹介します。


供花の基本

供花は白色の花が基本です。菊の花を使われるのが一般的です。その他にも蘭や百合の花が供花に利用されます。

故人が好きな花ならOK

故人がチューリップが好きだからどうしてもチューリップを贈りたいというケースも有ります。どうしても白色の花を手配したいときは、遺族にお伺いを立て、許可をもらってから手配するようにしましょう。

供花の使い分け

告別式に届ける供花には、生花と花輪があります。どちらを贈るかは、贈り主が個人か会社によって区別されます。個人名で贈るなら生花、会社などの団体名で届けるなら花輪が一般的です。花輪は葬儀社所有のものを借りるケースがほとんどです。花輪はほとんどの場合、紙などでできた造花です。生花は花屋、花輪は葬儀社に依頼しましょう。

キリスト教式は生花

キリスト教式の場合、供花は生花を贈ります。形は花輪でもブーケでも構いません。キリスト教式では、仏教や神道のように供物の習慣はなく、死者を悼む気持ちは花だけに託します。また、キリスト教式では白い花だけが基本です。

供花の金額相場

供花の金額の相場は、15,000〜20,000円くらいが一番多い価格帯です。また、供花を依頼する場合は、開式前には届くように時間調整をしましょう。

供花を贈ってはいけないケース1

「供花・供物は固くご辞退させていただきます」

という通夜や葬儀・告別式も増えています。どうしてもという場合は、香典のほかに、花代に相当する現金を「御供花料」と書いた封筒などに入れ、遺族にその思いを告げてから手渡すようにしましょう。ちなみに、この場合は香典は辞退していないので供花の代わりに香典を贈りましょう。

供花を贈ってはいけないケース2

「御厚志はお断り申し上げます」

とある場合は、供花・供物だけでなく、香典も贈ってはいけません。どうしても贈りたいという気持ちがあっても、故人や遺族の思いを尊重するようにしましょう。

次の記事

「供物の贈り方」

前の記事

「香典の渡し方、ふくさの包み方のマナー」

    
コメント