供物の贈り方

供物(くもつ)は通夜や告別式で祭壇に供え、故人の霊をなぐさめる気持ちを表す品物のことです。供物の贈り方に関するマナーを紹介します。


供物の基本

供物は死者の霊を慰めるためのもので、祭壇や葬儀会場に飾られ、雰囲気を引き立てます。親族や特に親しい間柄なら、香典とは別に供物を送ることが多いです。会社など団体名で送るケースもあります。葬儀費用の助けにもなるため、親しい間柄なら贈ると喜ばれることが多いです。

ただし、供物は、必ず遺族に連絡をとってから送るようにしましょう。式場のスペースの関係で飾りきれない、宗教や地域によって品物の数や飾り方に決まりがあることもあるからです。

1. 仏式の場合

仏式では、供物は線香、ろうそく、果物、菓子、缶詰などが一般的です。肉、魚などの生のものはNGです。通夜や葬儀に供えるものですから、通夜や葬儀が始まる前までに届くように手配します。

2. 神式の場合

神式では、食べ物を贈ることが一般的です。ただし、線香、ろうそくなど香のものを贈ることはマナー違反となります。

3. キリスト教式の場合

キリスト教式の場合、生花を贈るのがしきたりのため、供物は必要ありません。キリスト教式の場合は、供物を贈ることはマナー違反となってしまいます。

供物の金額相場

供物は、盛籠にする場合は1万円が相場です。香典と一緒に気持として供物を送る場合は、数千円程度でも問題ありません。

供花を贈ってはいけないケース1

「供花・供物は固くご辞退させていただきます」

という通夜や葬儀・告別式も増えています。どうしてもという場合は、香典のほかに、品物に相当する現金を「御供物料」と書いた封筒などに入れ、遺族にその思いを告げてから手渡すようにしましょう。ちなみに、この場合は香典は辞退していないので供物の代わりに香典を贈りましょう。

供物を贈ってはいけないケース2

「御厚志はお断り申し上げます」

とある場合は、供花・供物だけでなく、香典も贈ってはいけません。どうしても贈りたいという気持ちがあっても、故人や遺族の思いを尊重するようにしましょう。

次の記事

「葬儀・告別式の洋服のマナー」

前の記事

「供花の贈り方」

    
コメント