葬儀・葬式での焼香の作法

仏式の葬儀などでは霊前への焼香が行われます。今回は、焼香の正しい作法を紹介します。


焼香とは

焼香は、その香気によって仏前を清め、その香を霊に手向けるものとされています。焼香は、線香、抹香で行う場合があります。抹香焼香は、細かくした香(抹香)をつまみ、香炉にパラパラと落として焚くもので、抹香焼香を焼香というのが一般的です。

焼香をあげる順番は

焼香の順番は、通夜や告別式の席次に準じます。喪主、血縁の濃い順が基本です。友人・知人は着席のときの序列がそのまま焼香の順になるのであまり気にする必要はありません。

焼香の種類

焼香には立礼焼香、座礼焼香、回し焼香、線香焼香があります。

1. 立礼焼香

焼香台の前に進み、遺族と僧侶に一礼をします。焼香台の前に進み、遺影を仰いで一礼、合掌したあとに、数珠を左にかけ、親指、人差し指、中指で抹香をつまみます。

抹香をつまんだら、額の高さまで押し上げます。

抹香を香炉の中にくべます(香炉の中に抹香を戻す)。宗派によって1〜3回焼香を繰り返します。迷う場合は、喪主や前に焼香する人を見て、その回数に従いましょう。人数が多い場合は、1回が基本です。

再び、遺影に合掌をします。向きを変えずに一歩下がり、遺族と僧侶に一礼をします。

2. 座礼焼香

基本は立礼焼香と同じですが、座ったまま行うのが座礼焼香です。ただし、焼香が終わって戻るときには、立ち上がらず、膝行で戻ります。席が遠い場合は、中腰の状態で戻りましょう。

3. 回し焼香

基本は立礼焼香と同じですが、畳敷きの式場では、座っている参列者に香炉と抹香が回されるのが回し焼香です。

隣の人から香炉が回ってきて、受け取ったら一礼し、次の順の人に一礼をします。自分の膝前正面に置き、祭壇に向かって一礼します。椅子席の場合は、自分の膝の上にのせて焼香をします。右手の3本指の先で抹香をつまみ、軽く押しいただいてから香炉にくべ、祭壇に向かって合掌します。香炉は次の席の人に静かに回します。次の人に香炉を渡すときの一礼も忘れないようにしましょう。

4. 線香焼香

線香焼香は線香を立てるパターンです。焼香台の前に進み、遺族と僧侶に一礼をします。焼香台の前に進み、遺影を仰いで一礼、合掌したあとに焼香をします。

右手で線香をとり、ろうそくで火をつけ、左手であおいで火を消し、香炉に立てます。線香の火は、息を吹きかけて消すのは失礼にあたるので注意しましょう。立てる数は基本的に1本で、2本、3本立てるときもまとめずに、火をつけたもの線香を1本ずつ立てていきます。

おおぜいの人が立てるときは、あとの人のことも考えて、なるべく香炉の奥のほうへ立てるようにしましょう。再び、遺影に合掌をします。向きを変えずに一歩下がり、遺族と僧侶に一礼をします。

焼香は葬儀だけでなく、通夜、法事・法要でも行われるので作法をきちんとおぼえておきましょう。

次の記事

「お悔やみの言葉の基本文例」

前の記事

「実はよくわかっていない! 葬儀での数珠の持ち方」

    
コメント