故人に贈る最後の言葉「弔辞」の作法

弔辞は、故人に贈る最後の言葉です。生前の業績、故人の経歴や人間性を参列者に伝えるのが目的です。それでは、弔辞の作法を紹介します。


弔辞は断らないのがマナー

弔辞は、遺族に依頼されるのが一般的です。そのため断わるのは失礼にあたります。友人の死を悲しむ心は別にしまっておいて、きちんと務めあげましょう。

弔辞は薄墨で書く

弔辞は、読み上げて終わりではなく、書いた弔辞文を遺族が保存します。正式には、巻紙に薄墨を使って筆でていねいに書きます。文字に自信がない人は、文字のきれいな人に代筆してもらっても問題ありません。

弔辞を書くポイント

故人への哀悼の言葉、故人の略歴、故人の人柄、故人の功績やエピソード、冥福を祈る言葉を書くのが弔辞の基本です。マイナス面を書くのはマナー違反です。また、忌み言葉を使うのも避けます。

弔辞の流れ

1. 名前を呼ばれたら立ち上がり、祭壇に進み、遺族に一礼します。次に、遺影の前で一礼をします。

2. 上包紙を開いて弔辞を取り出し、上包紙は弔辞台が用意されていればその台の上に置き、なければ巻紙の下に重ねて持ちます。

3. 目の高さに弔辞を持ち、「弔辞」と言って読み始めましょう。

4. 読み終わったら弔辞を巻いてたたみ、再び上包紙に納めて祭壇に供えます。

5. 遺影に一礼します。そして、遺族に一礼して席に戻ります。

次の記事

「会社、仕事関連の葬儀マナー」

前の記事

「弔電の送り方。通夜、葬儀に参加できない時のマナー」

    
コメント