通夜、葬儀、告別式の違い

通夜、葬儀、告別式の違いを知っていますか? わかりにくい通夜、葬儀、告別式の違いを紹介します。


通夜

通夜は、親族を中心に故人と最後の夜を過ごす儀式です。

葬儀

葬儀は、死者を弔った後、土葬、火葬などが行われます。

告別式

告別式は、故人の善行をしのび、故人とのお別れをする儀式です。

通夜は、葬儀前日の儀式となります。ここでわかりにくいのが、葬儀と告別式の違いです。

葬儀と告別式の違い

最近では、葬儀と告別式を一緒に行うケースが増えています。しかし、本来葬儀と告別式は、それぞれ目的の違う儀式なので、葬儀が終わると僧侶はいったん退場し、葬儀の終了を告げる挨拶もあります。その後、再び僧侶が入場し、告別式が始まります。

参加の基準

葬儀と告別式の両方に参列するか、告別式だけ参列するかは故人との関係や故人との付き合いの度合いで決めます。

時間のマナー

葬儀と告別式の両方に参列する場合は、葬儀の開始時間の10分前には会場につくように出かけます。葬儀は厳粛な宗教的儀式なので、遅刻して出入りすることは避けましょう。告別式は1時間ぐらい時間をとる場合が多く、途中からの参列でも失礼にあたらないとされています。ただし、遅れないのが大人のマナーです。

席次のマナー

通夜や葬儀での遺族の席次は、故人との縁の順に棺に近いところから座っていきます。喪主が棺に一番近い場所に座ります。また、祭壇に向かって右側が遺族席となります。関係者は左側に座ることになるが、このときも故人との縁の深い人から順に席次を決めていくのがマナーです。

次の記事

「仏式の葬儀・告別式の流れ」

前の記事

「弔問に訪れるときに気をつけたいマナー」

参考リンク

「お通夜カテゴリの記事」

    
コメント