仏式の葬儀・告別式の流れ

一般的な葬儀・告別式の流れを紹介します。仏式の場合は以下の流れとなります。


葬儀の流れ

1. 受付

受付でお悔やみを述べ、香典を差しだして記帳します。

2. 着席

喪主と遺族は参列者より先に着席します。その後、参列者も着席し、静かに儀式の開始を待ちます。

3. 開式

司会者による葬儀の開式が宣言されます。

4. 僧侶入場・着席

合掌もしくは黙礼で僧侶を迎えます。椅子席の場合は一同、起立します。

5. 読経

僧侶が読経と引導を渡します。宗派により、違いがあります。(引導とは、仏教用語で悟りの道に入ること)

6. 弔辞朗読

弔辞が朗読されます。

7. 弔電披露

弔電がある場合、弔電が紹介されます。

8. 焼香

読経後、喪主、遺族、親族、友人の順に焼香します。焼香を始めるタイミングは、葬祭場の係員や世話役が声をかけてくれます。

9. 僧侶退場

いったん、僧侶が退場します。一同、合掌か黙礼して見送ります。

10. 閉式

司会者が閉式の挨拶をします。

告別式

1. 僧侶入場

再び、僧侶が入場。一同、合掌か黙礼で迎えます。

2. 開式

司会者が開式の挨拶をします。

3. 読経

僧侶が読経します。

4. 焼香

一般参列者が席順に焼香します。焼香の前後に、喪主、遺族に一礼します。焼香は前の人が戻りかけたころに席を立ち、途切れないように進めます。後ろに長く列が続くようなら、焼香の回数を一回にするような心遣いを。

5. 僧侶退場

焼香が終わったら、僧侶が退場します。一同、合掌か黙礼して見送ります。

6. 閉式

司会者が閉式の挨拶をします。

出棺

告別式が終わると、出棺になります。出棺までの待ち時間の間は、私語は慎みます。柩が霊柩車に納められるときには黙礼し、霊柩車が走りだすときには合掌して見送り、霊柩車が角を曲がるなどして見えなくなってから立ち去るようにしましょう。

火葬場

火葬場には、棺を乗せた霊柩車を先頭に、位牌と遺影を持った喪主と遺族、僧侶を乗せたハイヤーが続き、親族・親しい友人らのマイクロバスが続くなど、車列を作って向かうのが一般的です。基本的に身内だけで火葬を行うのが一般的です。読経後、「納め」焼香をし、火葬が行われます。

骨上げ

火葬が終わると、骨上げです。骨上げは故人と血縁の近い順にして、主立った骨を拾った後は火葬場の係員に任せます。

お清めの塩

通夜、葬儀・告別式、火葬場から帰ったら、家に入る前にお清めの塩を振りかけます。塩は会葬礼状に同封されています。家人がいたら家人にかけてもらいます。一人なら自分でかけ、死の穢れを清めます。ただし、キリスト教では死を不浄なものとして考えないので、お清めの必要はありません。

次は、香典の金額のマナーについて紹介します。仏式ではなく、神式、キリスト教式の場合は、参考リンクを参考にしましょう。

次の記事

「香典の金額マナー」

前の記事

「通夜、葬儀、告別式の違い」

参考リンク

「神式の葬儀・告別式(葬場祭)の流れ」

参考リンク

「キリスト教式の葬儀・告別式の流れ」

    
コメント