神式の葬儀・告別式(葬場祭)の流れ

神式で行われる葬儀・告別式は、葬場祭と呼ばれます。仏式とは葬儀の流れが違います。


葬場祭の流れ

1. 手水の儀

参列者は、手を洗い、口をすすいで、心身を清めます。

2. 着席

斎主、参列者が席につきます。

3. 開式の辞

司会者が開式宣言をします。

4. 修祓(しゅばつ)の儀

斎主がお祓いの言葉を述べ、斎場、参列者、供物などを清める儀式です。

5. 奉幣・献饌の儀

斎員が供物を供えます。

6. 祭詞奏上

斎主が故人の経歴や生前の功績を讚え、霊魂を鎮め、永眠祈る祭詞を奏上します。参列者一同拝礼します。

7. 誄詞奏上

故人を哀悼する祭詞と誄歌を奏上します。

9. 弔辞

弔辞の朗読を行ないます。

10. 弔電

弔電を紹介します。

11. 玉串奉奠

斎主、喪主、遺族、親族、弔問客の順に玉串を神前の玉串案(台)に捧げ、二礼二拍手一礼をして下がります。喪の席での拍手は、しのび手といって、音を立てない拍手をするのが決まりです。

12. 撤饌・撤幣の儀

斎員が供物を下げます。

13. 斎主退場

斎主、斎員が退場した後、喪主が挨拶をします。

14. 閉式

司会者が閉式宣言をします。

火葬祭、帰家祭、直会

出棺の火葬場ではかまどの前で火葬祭を行ないます。火葬後、帰宅すると家に入る前に手水を使い、お祓いを受け、さらに塩で清めてから、家中の祭壇に遺骨と霊璽を安置し、帰家祭を行ないます。その後、直会という会食をして、お世話になった人たちの労をねぎらいます。

次の記事

「神式特有の葬儀マナー」

参考リンク

「仏式の葬儀・告別式の流れ」

参考リンク

「キリスト教式の葬儀・告別式の流れ」

    
コメント