神式特有の葬儀マナー

神式は、仏式の葬儀マナーと異なります。神式特有のマナーである、取水の作法、玉串奉奠、二礼二拍手一礼を紹介します。


1. 手水の作法

神式の祭祀に参加するときは、儀式の前に身を清める意味で、手を洗い、口をすすぎます。神社へのお参りのときにも、鳥居の脇などにある井泉などで手水を使うのが作法です。

1. 右手にひしゃくを持ち、水をいっぱい汲み入れ、左手にかけます。
2. ひしゃくを左手に持ち替え、水で右手を清めます。
3. 再びひしゃくを右手に持ち替え、左手に水を受けて口に含んですすぎ、口中を清めます。
4. 左手、ひしゃくの柄に水を流し、清めた後、ひしゃくを底を上にして、元の場所に戻します。その後、懐紙かハンカチで手をぬぐいます。

2. 玉串奉奠の作法

玉串奉奠は、仏式の焼香にあたる儀式です。榊の枝に紙片がついた玉串を祭壇に捧げます。神霊が宿っているとされ、故人の霊を慰めます。玉串の捧げ方は次のように行ないます。

1. 玉串の葉を左にして右手で玉串の根本を持ち、左手は葉先で持ちます。
2. たてに持ち替えます。
3. 玉串を時計回りに180度回して、玉串の根本を神前に向けます。
4. 根元を祭壇に向けて置き、二礼二拍手一礼します。二拍手は「しのび手」で音をたてないようにします。席に戻ります。

3. 二礼二拍手一礼としのび手の作法

1. 神前に進みでて、二回、深い拝礼をします。
2. 背筋を伸ばし、両手を胸の前で打つようにします。喪の席では、しのび手といって実際には手つ直前で止め、音を出さないようにします。
3. 最後にもう一度、深く拝礼します。

前の記事

「神式の葬儀・告別式(葬場祭)の流れ」

参考リンク

「仏式の葬儀・告別式の流れ」

参考リンク

「キリスト教式の葬儀・告別式の流れ」

    
コメント