キリスト教式の葬儀・告別式の流れ

キリスト教式の葬儀・告別式は、カトリック、プロテスタントによって名称や流れが異なります。キリスト教式の葬儀・告別式の流れを紹介します。


カトリックの葬儀の流れ

1. 入堂式

教会に運ばれてきた棺に神父が聖水をかけ、参列者の見守るなか、祭壇に運ばれます。

2. 神父入堂

「入祭の歌」が流れるなか、神父が入堂。

3. 開式

祭壇に献香し、開祭の言葉を述べ、皆色します。

4. ミサ聖祭

死者の永遠の安息を祈る儀式を行ないます。

5. 赦祷式

キリストの死を仰ぎ、来臨と死者の復活を待ち望む儀式です。

6. 神父退堂

新婦が退堂します。

カトリックの告別式の流れ

1. 告別式開会

告別式の開会が告げられます。

2. 聖歌斉唱

聖歌を斉唱します。

3. 故人の略歴紹介

故人の略歴が紹介されます。

4. 弔辞

弔辞の朗読をします。

5. 弔電

弔電を紹介します。

6. 献花

血縁順、参列者の順に献花をします。

7. 遺族挨拶

喪主が感謝の挨拶をします。

プロテスタントの葬儀の流れ

1. 入堂

棺が遺族とともに入堂。その前に入堂し、着席していた参列者は起立して棺を迎えます。

2. 牧師入堂

オルガン演奏が流れるなか、牧師が入堂し、開祭の言葉を述べます。

3. 賛美歌斉唱

一同、起立して賛美歌を斉唱します。

4. 聖書朗読・祈祷

牧師が聖書を朗読し、祈祷を捧げます。

5. 故人の略歴紹介

故人の略歴が紹介されます。

6. 弔辞

弔辞の朗読をします。

7. 弔電

弔電を紹介します。

8. 祈祷・オルガン演奏

祈祷しながら、オルガン演奏を聞きます。

9. 賛美歌斉唱

賛美歌を斉唱します。

10. 献花

牧師、血縁順、参列者の順に献花をします。

11. 遺族挨拶

喪主が感謝の挨拶をします。

キリスト教では死は祝福すべきこと

キリスト教では「死」は神のもとに召され、永遠の命が始まる祝福すべきことと考えます。そのため、キリスト教の葬儀ではお悔やみの言葉は口にしないようにします。

カトリックでは、故人が天国で安息を得られるよう、罪の許しを請うミサが行なわれ、プロテスタントでは、故人が生前に神に受けた恵みに感謝し、神の国での再会を祈ります。

次の記事

「キリスト教式特有の葬儀マナー「献花」」

参考リンク

「仏式の葬儀・告別式の流れ」

参考リンク

「神式の葬儀・告別式の流れ」

    
コメント