香典の金額マナー

香典とは、死者の霊前等に供えるお金のことです。葬儀では、香典、供花、供物どれかを贈ればよいとされていますが、香典を贈るケースが一番多いです。今回は、香典の金額に関するマナーを紹介します。


香典の金額の相場

一般的に香典の金額は、故人とのつきあい、喪主との関係によって決めります。親族以外の一般的な金額は5000円か1万円です。会社の同僚や上司もつきあいの深さに応じて5000円か1万円にしておけばよいでしょう。親戚なら1から2万円、祖父母は1から3万円、兄弟姉妹は3から5万円、親の場合は5から10万円が一般的です。

関係性で金額を変える

親の葬儀で、長男、長女も香典の額を増やす必要はありません。香典の額は、故人との関係において左右され、年齢や長幼で決まるものではないからです。ただし、40代を超えたら、多めに払うのが望ましいです。

香典のマナー

香典の相場では4と9に関する金額はNGです。「死ぬ」、「苦しむ」といった言葉を連想させるからです。また、偶数はあまり香典では好ましくないと言われています。奇数の金額にするようにしましょう。ただし、最近は、「2万円」はほどよい金額であることから、かなり受け入れられるようになっています。

新札は避ける

結婚のご祝儀は新札が基本ですが、通夜や葬儀に包むお札は新しいお札は使ってはいけないことになっています。新札を使うと、亡くなるのを待って準備していたと受け取られかねないというのが理由です。そのため、古いお札を用意したり、新札の場合は折り目をつけて入れたりします。

お札の向き

2枚以上の場合、お札の向きは揃えます。また、お札の顔が下向きになるように入れるのが一般的なマナーとなっています。

次の記事

「香典の書き方、包み方のマナー」

前の記事

「仏式の葬儀・告別式の流れ」

    
コメント