香典の書き方、包み方のマナー

宗教によって葬儀の形式が異なるのと同様で、香典も宗教によって不祝儀の書き方が異なります。


不祝儀袋の選び方

不祝儀袋は宗教によって注意点があります。白無地の不祝儀袋を選べばどの宗教でも問題はありません。ただし、蓮の花などが浮きだし模様になっているものは仏教専用です。花柄、十字架がプリントされているものは、キリスト教式で利用しましょう。

表書き

香典袋の表書きの書き方は、宗教別に異なります。

仏式

仏式では、「御霊前」「御香典」と書きます。ただし、浄土真宗では霊は存在しないという考えから、「御霊前」の表記は使えなたいめ、通夜、葬儀とも「御仏前」と書きましょう。

神式

神式のときは「御玉串料」と書きます。

キリスト教式

キリスト教式の場合は「お花料」と書きます。カトリックは「御ミサ料」、プロテスタントは「忌慰料」と表書きをする場合もあります。

宗教がわからないときは「御霊前」が無難

仏式、神式、キリスト教式などどんな宗教でも使える書き方が、「御霊前」(ごれいぜん)です。あらかじめ、どんな宗教かわからないまま自宅での通夜を弔問するときなら、「御霊前」としておけば、宗教にかかわらず故人の霊に捧げるものとして通用します。

表書きは薄墨を使う

不祝儀の場合は、薄墨を使うのがマナーとされています。悲しみの涙で墨も薄まりますという意味からです。弔事用の薄墨色の筆ペンも市販されているため1本は常備しておきましょう。マジックやボールペンで書くのは避けましょう。

水引

水引は、仏式では黒白または銀一色のものを「結び切り」にしたものを使います。神式の場合の水引は白一色または銀一色。キリスト教の場合は水引は必要ありません。現在は、市販品がちゃんとマナーにかなう形で作られているので、不祝儀用の袋を選べば、間違った水引をかける心配はありません。水引の向きですが、右側が濃い色がくるようにします。

ちなみに、慶事の封筒にかける水引は、再びあったり繰り返しては困るものへのお包みは、結び切りの水引がかかったものが用いられます。二度とないようにという思いからです。花結びや蝶結びの水引は、何度あってもうれしい出産や新築、昇進などの贈り物のときに使うものです。水引を間違えないようにしましょう。

名前を書く

水引の下に自分の名前を書きますが、不祝儀袋の記名は、同姓の人もあるので、必ずフルネームを書くようにしましょう。喪家の立場からすると、弔問してくれた人と面識がないことも多く、姓だけではどこのだれか判別のつかないことが多いからです。

仕事関係では、自分と故人の関係がわかるよう、姓名の右肩に社名や所属部課なども書き添えるようにしましょう。また、サークルや趣味の集いなどで知り合ったのなら、中包みに「生前●●でお世話になりました」と一筆だけ関係を書いておくのもいいでしょう。

連名の場合

連名にするときは、中央よりやや右にいちばん目上の人の名前を書き、その左側にその他の名前を立場順に書き添えます。3名までは名前を全員書いても問題ありません。

4名以上のときは、すべての名を書かないのが決まりです。代表者一人の名を書き、「●●一同」のように書き、中に連名を記した紙を同封しましょう。使う紙は半紙か奉書紙がおすすめです。

名前を書くときは、普通に一人で贈るときと同じように中央に代表者の名を記し、その左下に少し下がった位置から「外一同」と書くとバランスよく見えます。

不祝儀袋の包み方

香典を包む不祝儀袋には、決まったたたみ方があります。裏側の折り返しは下側を先に折り返し、上側を折り返して重ねます。上から下へ包むことでお悔みの敬礼を表しています。ちなみに、慶事・お祝いでは上川を先に折り、下側を折り返して重ね、喜びを表します。

中袋のマナー

お金は、2枚以上の場合、お札の向きは揃えます。また、お札の顔が下向きになるように入れます。新札は香典では避けるのがマナーです。そして、中袋にお金を入れます。中包みは難しいので中袋にするのがおすすめです。

金額を書く場合、難しい漢字を使うのが慣例です。「一」「二」などの文字は後で線を書き加えるだけで簡単に数字の改ざんができてしまうからです。壱、弐、参などの漢字を使います。

中袋の表側

金壱万円

のように金額を薄墨で記載します。

中袋の裏側

住所と氏名を淡墨で書きます。

次の記事

「香典の渡し方、ふくさの包み方のマナー」

前の記事

「香典の金額マナー」

    
コメント