枕飾り、死に装束、納棺の基本

枕飾り、死に装束、納棺の準備に関する手順やマナーを紹介します。


北枕

病院で亡くなった後、自宅や斎場に搬送し、安置する場合は北枕に安置し、枕飾りをします。薄い敷布団に新しいシーツを広げ、遺体が温まらないように薄い掛け布団を上下逆さにかけます。枕は使わない地方もあります。

納棺前の遺体は、北枕といって頭を北側にして寝かせるのは、釈迦の亡くなったときの故事によるものですが。間取りの都合によっては西向きでもOKです。

枕飾り

枕飾りとは、遺体のそばに設ける臨時の祭壇のことです。その際、顔には白いさらしをかけます。

仏式の枕飾り

仏式では、白木の小机、もしくは白い布を掛けた台の上に、線香立て、ローソク立て、花立てを置きます。花立てには、樒または白い菊の花を一輪立てます。

それ以外に、一膳飯、水、枕団子などを供えます。線香とローソクの火は夜通し絶やさないようにします。

神式の枕飾り

神式の場合は、白木の台に、洗米、塩、御神酒、榊、故人の好物などを供えます。

キリスト教式の枕飾り

キリスト教式では枕飾りの習慣は特にありませんが、日本の文化にのっとり、小机に白、または黒の布をかけ、その上に、十字架、生花を飾り、聖書を置くことが一般的です。

枕経

枕経は、故人が安らかにあの世へと旅立つことができるように僧侶が枕元で読経をします。

納棺とは

「納棺」とは、遺体を棺に納めることです。

納棺のタイミング

納棺は、通夜が始まる前に、遺体を棺に納めるのが一般的です。

納棺の準備は誰がするの?

仏式では僧侶の枕経の後、遺族の手で遺体を棺に納めるようになっていますが、葬儀社の人に手伝ってもらうことのが一般的です。

死に化粧と死に装束

体を清め終わったら、髪を整え、爪を切り、男性はひげをそり、女性は死に化粧をします。遺髪や遺爪を残したいならば、このときに少しとりましょう。その後、白を基調とする死に装束を着せます。

仏式の死に装束

白いさらしの経帷子、手甲、脚絆、足袋、三角布、頭陀袋などが仏式の死に装束となります。経帷子は左前にし、手足に手甲と脚絆をつけ、足袋はこはぜを取り履かせます。頭には三角布をつけ、六文銭を入れた頭陀袋をかけて手に数珠を持たせます。

神式の死に装束

神式では、伝統的には白い小袖を身につけさせます。

キリスト教式の死に装束

キリスト教式では、特に決められた死に衣装はありません。

次は、お通夜・葬儀の準備を紹介します。

次の記事

「お通夜・葬儀の準備」

前の記事

「葬儀の手配はどうすればいい? 死亡の手続き、葬儀社の依頼」

    
コメント