告別式の挨拶から出棺まで

告別式の挨拶から出棺までの流れを紹介します。


告別式のあとの挨拶

告別式終了のあいさつは、喪主が行います。冒頭の挨拶、故人について、お礼、そして遺族に対するこれまでと変わらない支援やつきあいのお願いを伝えます。そして、最後にお礼を言うのが告別式のあとの挨拶の基本です。

最後のお別れ

告別式終了で出棺を迎える前、故人と最後のお別れの時間が設けられます。壇から棺が下ろされてその蓋が開けられます。このとき棺を囲む遺族は配偶者や喪主、子供、兄弟・姉妹と、血縁の濃い順に故人の頭の側から並ぶのが決まりです。このとき、「別れ花」といい、祭壇に供えられていた花を故人の周囲に置いていきます。

棺の蓋の閉じ方

棺のふたが閉められると「釘打ちの儀式」をします。故人と血縁の深い順に、三途の川の河原の石を意味する小石で軽く2回ずつ釘を打ちます釘を打つのは遺族と近親者だけに限られ、棺の頭のほうから血縁の濃い順に小石を使って打っていきます。このあと遺族、友人のなかから選ばれた男性が棺をかつぎ、足のほうから霊柩車へおさめます。

副葬品

生前に故人が愛用した品を棺に花といっしょに納めるのが副葬品です。好物や、好きな本などを入れます。ただし、火葬場で燃え残りそうなものは避けましょう。

出棺の挨拶

棺を会場から霊柩車まで運ぶ出棺は、近親者や故人に世話になった友人・知人などのうち、比較的若い男性6人がかつぎます。喪主が位牌を持ち、遺族代表が遺影を持って、それに続きます。

棺が霊柩車に納まって火葬場に向かう前に、喪主は会葬者にお礼の挨拶をします。会葬のお礼、故人の最期の様子、遺族の状況、故人への生前の厚誼に対するお礼と遺族の今後への厚誼を願う気持ちを短くまとめて話します。

次は、火葬、骨上げ、葬儀が終わったあとの御礼について紹介します。

次の記事

「火葬、骨上げ、葬儀が終わったあとの御礼」

前の記事

「お通夜・葬儀の準備」

    
コメント