火葬、骨上げ、葬儀が終わったあとの御礼

葬儀では出棺を終えると、火葬場へと移動します。火葬場、骨上げ、葬儀が終わった後の御礼などについて紹介します。


火葬の流れ

火葬場には、棺を乗せた霊柩車を先頭に、位牌と遺影を持った喪主と遺族、僧侶を乗せたハイヤーが続き、その後に、親族・友人らのマイクロバスが続くなど、車列を作って向かうのが一般的です。火葬場では、かまどの前でもう一度、読経をして、「納め」焼香をします。

火葬場へ向かうバスの席次

運転手の真後ろの席に喪主、その隣に遺族で、あとは血縁の濃い順に後ろの座席となります。

骨上げのマナー

火葬が終わると、骨上げになります。骨を拾うときは二人一組になり、長い箸を持って、二人で一つの骨を拾い、骨壺に運びます。故人をこの世からあの世に橋渡しすることにかけて、「箸渡し」をするわけです。

骨上げは故人と血縁の近い順にして、主立った骨を拾った後は火葬場の係員に任せます。骨壺は白木の箱に入れ、白や金襴の布に包まれて、喪主に渡されます。

骨上げは足の骨から

骨上げでは、まず足の骨から拾っていくのがしきたりです。その次に腕、あとは順に背骨、肋骨、歯、頭骨と上半身に向かい、最後がのどぼとけの骨だ。この骨は遺族のうちもっとも血縁の深い人が拾い、骨つぼの一番上に置かれることになっています。そのあと、骨つぼは桐箱に入れられて白布で包まれ喪主に渡される。

収骨は二人一組

火葬のあと故人のお骨を拾うときは、二人一組となって一つの骨を拾うのが決まりごとです。あの世とこの世の橋渡しという意味から、二人の箸で挟んで骨つぼに運ぶものだから、人数が奇数で最後に一人だけ残ったからといって勝手に収骨してはいけません。すでに骨上げをすませた人でもかまわないから手を借りて、必ず両方から一つの骨をつまみましょう。

分骨する場合

田舎に一族の先祖代々の墓所があるから、そこにも納骨しなければならないといったような理由で分骨するときは、火葬前に葬儀社に頼んで、骨つぼを2つ用意してもらいましょう。分骨を希望する場合は、あらかじめ葬儀社に申し出ておくと、小さめの骨壺に遺骨の一部を納めてもらえます。

火葬場から戻ったら

火葬場から戻ったら、玄関の前で水と塩で身を清めてから入りましょう。

遺骨迎え・精進落とし

仏式の場合は、四十九日の納骨までは、自宅に遺骨と位牌、遺影を飾ります。この飾り台を「後飾り」といいます。小卓の上に線香、燭台、鈴、供花、供物を載せ、中央に遺骨、位牌、遺影を置きます。

最近ではほとんど、この段階で、本来は死後七日目に行なう初七日法要を営み、その後、精進落としをいただきます。精進落としは本来は四十九日までは喪に服し、肉や魚などを断ち、四十九日の忌明けを待って、通常の食事に戻る最初の食事をいいます。

最近はで葬儀の日の最後に、一日の労をねぎらう食事に変わり、料理の内容も仕出し弁当が多くなっています。

手伝ってもらった人への謝礼

精進落としとして酒や食事をふるまうが、これとは別に心づけも渡します。そのときの袋の表書きは「寸志」や「志」を用います。こちらの名は喪主のフルネームではなく喪家の姓だけにします。

葬儀後の御礼挨拶

葬儀後は、ご近所、会社関係者、弔辞を読んでくれた人など主だった人へ御礼の挨拶に伺います。手土産は必要ありません。なぜなら、精進落としのふるまいでお礼はすんでおり、香典返しを後日送るからです。また、衣服は略喪服か地味なものを身に着けましょう。

次は、香典を頂いた場合に必要な香典返しのマナーを紹介します。

次の記事

「香典返しのマナー」

前の記事

「告別式の挨拶から出棺まで」

    
コメント