香典返しのマナー

香典を頂いた場合、香典返しを贈るのがマナーです。今回は香典返しについて紹介します。


香典返しのマナー

仏式では四十九日、神式では五十日祭をもって忌明けになります。キリスト教式では忌明けの習慣はありませんが、死後一か月の昇天祭を区切りとして香典のお返しを送ります。

香典返しの金額

香典返しの品物は、いただいた香典の半額から3分の1が基本です。また、慣習では3000円以下ならお返しは不要とされ、1万円になると半返しといわれています。品物は、なにか残るものより日用品で消えてなくなるものがよいとされています。タオルやお茶、のりなどが選ばれることが多いようですが、カタログから選んでもらう方式も増えています。

即日返しが増えている

葬儀当日に香典返しをすませる「即日返し」の方式も増えてきました。お茶などの軽いものが選ばれますが、香典の額にかかわらず、みな同じ品物になります。持ち帰りやすいために、カタログ式の香典返しを利用することが多いようです。

高額な香典をもらった場合

即日返しのスタイルで高額な香典を頂いた場合、四十九日過ぎに従来どおりの香典返しの形で品物を贈りましょう。

香典返しの書き方

表書きは、仏式・神式なら「志」とし、黒白、銀、黄白の結び切りの水引を使います。キリスト教式の場合は、「志」または「昇天記念」となります。香典返しには、必ず挨拶状を添えます。故人の名前を入れるのを忘れずに。

香典返しが不要な3つのケース

1. 大黒柱が亡くなった場合

一家の大黒柱が亡くなったときは、香典返しはしなくてもいいとされています。

2. 香典を寄附した場合

故人の遺志などによって香典を施設や基金に寄附するケースがあります。この場合は香典返しは行なわず、その代わり、その旨と寄附した先を書いた挨拶状を送ります。

3. 会社や団体名義の場合

故人が生前に関係を持ってきた企業や団体が、その名義で香典をくれることがあります。その場合は、香典返しをする必要はありません。ただし、そこに所属していた個人名で持参された香典に対しては香典返しを贈ります。

香典返しをもらったら

香典返しをもらった場合、礼状を書く必要はありません。度重なってはいけない不幸に対して礼状は失礼になるからです。

次は、故人の形見分けに関するマナーや相続税の注意点などを紹介します。

次の記事

「形見分けの基本マナー」

前の記事

「火葬、骨上げ、葬儀が終わったあとの御礼」

    
コメント