形見分けの基本マナー

形見分けは、故人と親交のあった人にに遺品を贈ることを言います。今回は、形見分けの基本マナーを紹介します。


四十九日を過ぎたら

四十九日の忌明けを迎えたら、故人の愛用していた品や身につけていた衣服、装飾品などを近親者や親しかった人々に贈る形見分けを行います。

形見分けの目的

形見の品をもらった人が、それを使うたびに故人を思い出し偲んでくれることを願って贈るのが目的です。ただし、目上の人には、先方からの要請がないかぎり差し上げるのは失礼にあたります。

高価な品は避ける

故人の愛用していた、高級時計、ダイヤの指輪などを形見分けで贈るときちょっと待って! 高級品は、故人の財産と見なされるため、相続税の対象になることがありトラブルの原因になる可能性があります。また、形見分けで贈ってしまったため、贈った人に贈与税がかかるケースもあります。

包まずに渡す

形見分けの品は、包装紙できれいに包んだりする必要はなく、裸のままもしくはシンプルな紙でラッピングして渡すのがマナーです。

形見分けの品って断れるの?

遺族から形見分けの品を贈りたいと申し出られたとき、その品が自分の好みでないとき、あるいはもらっても使うことがなさそうだったら、断っても問題ありません。ただし、

「使う機会もございませんので、もっとたくさん利用してくださる方に差し上げてください」

と婉曲的な言葉を選んで伝えましょう。

次の記事

「法事・法要の準備」

前の記事

「香典返しのマナー」

    
コメント