お通夜

お通夜(つや)は、葬儀前夜に夜通しで行われる儀式です。参列する際のマナー、お通夜の流れなどを紹介します。

  • 通夜見舞い、通夜ぶるまいのマナー

    通夜見舞い、通夜ぶるまいにもマナーがあります。 通夜見舞い 親しい間柄のとき、夜通し起きている遺族や手伝いの世話役に差し入れをするのが通夜見舞いです。弔問客への通夜ぶるまいはあっても、遺族や関係者は食事をする暇もなく、関係者の弁当の手配が間に合

  • お通夜の服装マナー【仏式・神式・キリスト教式別】

    お通夜は、本来「とりあえず、駆けつける」が基本のため、服装は普通の服でも地味な色の服であれば問題ありません。それでは、お通夜に参列する際の服装のマナーを紹介します。 喪服は3種類 喪服は、「正喪服>準喪服>略喪服」の3種類があり、正喪服が一番格

  • お通夜の流れと基本マナー【仏式・神式・キリスト教式別】

    お通夜は葬儀前夜に夜通しで行われる儀式です。遺族や近親者は夜通し故人の側で過ごします。最近は、1時間程度の読経を終えた後、1~2時間の通夜振る舞いへと続き、お開きになる半通夜のケースも増えています。日本のお通夜は90%以上が仏式です。それでは、仏式、神式、キリ

1 / 1 1