お通夜の服装マナー【仏式・神式・キリスト教式別】

お通夜は、本来「とりあえず、駆けつける」が基本のため、服装は普通の服でも地味な色の服であれば問題ありません。それでは、お通夜に参列する際の服装のマナーを紹介します。


喪服は3種類

喪服は、「正喪服>準喪服>略喪服」の3種類があり、正喪服が一番格の高い喪服となっています。故人との関係や親交の程度が深い人ほど、格の高い喪服を着用するのがルールです。

そのため、喪主、近親者、大規模な葬儀の場合には、正喪服を着用します。友人、知人、仕事関係の場合は、遺族よりも格が上になってしまう正喪服は避けます。黒系のスーツもしくは略喪服が望ましいでしょう。

男性

服装の基本

参列者は、黒系であれば、ビジネススーツでOK。ただし、光沢のあるスーツはやめましょう。喪主、近親者は、正喪服が基本です

和装

和装は、黒の五つ紋付き羽織袴が正喪服。男性が和装を着用するのは正喪服だけと考えましょう。

ワイシャツ

無地の白色。夏でも長袖にしましょう。

ネクタイ

黒色が基本。柄は派手すぎるものはNG。

靴下

黒色が基本。

黒色が基本。エナメルやスエードはやめましょう。

アクセサリー

時計やベルトなどは光るものは避けましょう。金時計であれば、銀色の時計、黒い時計、もしくは時計を外して参列しましょう。

バッグ

黒が基本です。色物はやめましょう。

また、冬場は寒くても革ジャンは避けましょう。革は殺傷を意味するからです。コートは会場に入る前に脱ぐのがマナーです。

女性

服装の基本

黒、濃紺、濃グレーのシンプルなデザインのスーツ、ワンピースなどが一般的です。シンプルなデザインであれば、パンツスーツでもかまいません。ミニスカートは避けましょう。

立場に合わせた喪服にしましょう。喪主、近親者は、正喪服。友人、知人、仕事関係であれば黒系の服か略喪服が望ましいでしょう。

和装の場合

黒の五つ紋が正喪服です。帯は帯揚、帯締なども黒、半襟、たびは白、草履は黒にします。略喪服は、無地の着物や地味な小紋にします。半襟は白色のものを選びます。帯も黒か濃いめの地味な色調の無地、あるいは無地に近い印象の帯を選びます。草履、バッグは黒、またはグレーなど喪の印象を与えるもので揃えます。

メイク

メイクは控えめにし、口紅などの色調はできるだけ抑えるか、ベージュ系をつけます。グロスなど光沢感のあるものは、控えるのがマナーです。光沢感が目立つのは避けましょう。

ヘアスタイル

髪型はおとなしく、すっきりとしたデザインにまとめ直しましょう。髪留めは黒く光りのないシンプルなものに。

インナー

黒、濃いグレーなどの、できるだけシンプルなデザインを選びます。

ストッキング

黒が基本で、柄入りのものは避けます。

黒が基本です。ブーツは避けましょう。

アクセサリー

アクセサリーはつけないのが原則です。指輪は、結婚指輪以外ははずすのがマナーです。腕時計もシンプルなもの以外ははずしたほうが無難でしょう。ただし、「涙の宝石」といわれるパールと黒曜石、オニキスなどの黒の宝石は喪のアクセサリーとして認められています。

バッグ

バッグはできるだけ小型のものにし、黒色が基本です。金色などの装飾があるバッグは避けましょう。

冬場は寒くても、コートは会場に入る前に脱ぐのがマナーです。

神式の服装

神式の場合、仏式と同じです。

キリスト教式の服装

キリスト教式の場合も、仏式と同じです。ただし、仏教ではないので数珠は必要ありません。

子供

制服がある場合

小学生以上の子供は、学校に制服があれば、礼装になります。

制服がない場合

手持ちの服装からできるだけ地味な色でシンプルなデザインのものを選びましょう。白いシャツやブラウスに地味なスボンやスカートを着用し、季節によっては紺・黒・濃いグレーなどの上着やセーターなどを重ねます。

黒が基本です。ない場合は、白、紺、グレーが無難です。

赤ちゃん

赤ちゃんや小さい子供は、泣き出す場合もあるため、故人と深い間柄でない限り参列は避けるようにしましょう。

次の記事

「通夜見舞い、通夜ぶるまいのマナー」

前の記事

「お通夜の基本マナー」

    
コメント