通夜見舞い、通夜ぶるまいのマナー

通夜見舞い、通夜ぶるまいにもマナーがあります。


通夜見舞い

親しい間柄のとき、夜通し起きている遺族や手伝いの世話役に差し入れをするのが通夜見舞いです。弔問客への通夜ぶるまいはあっても、遺族や関係者は食事をする暇もなく、関係者の弁当の手配が間に合わないといったことも多いため、おにぎりなどの軽い食事や飲み物などがよいでしょう。供物と間違われないように、通夜見舞いであることを告げましょう。

通夜ぶるまいにはできるだけ出席する

故人を懐かしみながら、知人同士が飲食する席となるのが通夜ぶるまいです。あまり親しい間柄ではなくても、招かれたら出席するのがマナーです。ただし、長くても1時間程度で引き上げるようにしましょう。

通夜ぶるまいの注意点

最近の通夜ぶるまいには、お酒がつくことが多いですが、宴会とは違います。遺族側にしてみれば、弔問に訪れてくれた人へのお礼の席です。お酒で酔っ払いすぎて、あまり騒ぎすぎないようにするのがマナーです。

次は、葬儀・葬式の基本マナーを紹介していきます。まずは、訃報を受けた時のマナーを紹介します。

次の記事

「訃報を受けた時、弔問するべきか? 葬儀の基本マナー」

前の記事

「お通夜の服装マナー」

    
コメント