披露宴でもらって嬉しい引き出物、困った引き出物ランキング

披露宴で新郎新婦からいただく引き出物。でも正直もらって嬉しい引き出物、困る引き出物があるのも事実です。せっかくの引き出物は、喜んでもらいたいですよね。今回は、披露宴でもらって嬉しい引き出物と困る引き出物ランキングを紹介します。


■引き出物は贈られる立場で選ぶ

引き出物は、披露宴に出席してもらったことへの感謝を込めて渡す招待客へのお土産です。自分たちの趣味を押し付けるようなことのないように気をつけましょう。引き出物選びのポイントは、軽くてかさ張らないもの、自分で買うほどではないが、貰って嬉しいもの、実用的なものなどです。すべて同じものを用意するのが基本ですが、年齢層によって2-3種類用意するなどの工夫をすると喜ばれます。

■金額の目安は飲食代の3分の1から半額

引き出物の金額の目安は、飲食代の3分の1から半額が目安になります。品数は、引き出物と一緒に渡す引き菓子と合わせて2-3品が一般的。ただし、地方によっては、多品目の引き出物にしたり、折り詰めをプラスするなどの慣習があるので、2人だけで決めてしまわないようにしましょう。また、会場以外で品物を手配する場合は、1点につき300-500円の持ち込み料がかかる場合があるので確認をしましょう。

■もらって嬉しい引き出物ランキング

1位:カタログギフト

持ち帰りがかさ張らず、自分の好きなものを選べるので人気です。贈る方も見た目では変わらず、力タログの内容で金額を変えることができる利点があります。

2位:おいしいスイーツ

普段自分では買わない、リッチでスペシャルなスイーツは特に女性に人気があります。

3位:食器類

最もスタンダードな引き出物。ブランド品やセンスのいい品には根強い人気があります。ティーカップは引き菓子との関連性もあってベストです。

■もらって困った引き出物ランキング

1位:名前入り記念品

新郎新婦の名前や写真がプリントされたような品は、使いづらく捨てるにも捨てられないと不評のようです。

2位:食器類

重くて持ち帰りが大変なうえ、割れないか心配。個性が強いデザインで趣味と合わないなど、古典的ですが、センスが問われる意外に難しい品です。

3位:カタログギフト

ほしい物がなかった、期限が過ぎてもらえなかった、2人の思いが伝わらず味気ないなどという意見が多いようです。

名前入りの記念品は避けておきたいですね。相手に喜んでもらえる引き出物の参考にしてみてはいかがでしょうか?

「大事なところをきちんと押さえる結婚の段取りとしきたり(安部トシ子)」の詳細を調べる

    
コメント