スピード離婚はなぜ起こる? スピード離婚になる原因は?

女優の遠野なぎこさんが結婚してわずか55日後に離婚したと発表しました。かつては新婚旅行後に離婚する「成田離婚」という言葉もあったくらい、スピード離婚は以前からあったことですが、あまりのスピードに驚きますよね。なぜスピード離婚は起きてしまうのでしょうか?


付き合った期間は関係ない

スピード離婚の理由として考えられるのは「お互いのことを知らなすぎたのではないか」というポイントです。交際期間が短く、お互いのことを深く知らないうちに結婚してしまい、一緒に生活して初めて許せない欠点を知ってしまったからではないかと考えられます。

しかし、比較的長い間交際したカップルでもスピード離婚しているケースは見られます。4年間交際して結婚したが、1ヶ月後に離婚してしまったというカップルの体験談もあります。長い付き合いなのに、いざ夫婦となると「縛られる」という感覚に陥り、結婚していることが窮屈に感じられてしまうのかもしれません。

披露宴をしたかどうかも関係ない

親や親戚、友達を招いて披露宴を行っているカップルは離婚しにくいという話がありますが、必ずしもそうではありません。芸能人でも派手な披露宴をしておきながら離婚してしまった夫婦は少なくありませんよね。一般人でも同じこと、披露宴をしたからといって必ずしも離婚を予防することにはならないのです。

相手の頼りない面も認めるのが結婚生活?

スピード離婚の原因を見てみると、他人から見れば非常にささいなことが原因になっている面もあります。具体的には、生活習慣の違いや日常のクセといったところです。しかし、これは結婚に対して必要以上に期待しすぎていることが原因ではないでしょうか。

成田離婚してしまったカップルが離婚に至った原因には「荷物をなくしてしまい、慌てふためいた彼の姿を見てショックだった」「外国語を話せなくてオロオロしている姿に幻滅した」など、いざという時に男性が活躍できない様子を見たことがきっかけになっているようです。本当にこれだけが原因なのであれば、男性にとっては少々酷な気がします。スピード離婚を避けたいのであれば、相手の頼りない部分も含めて受け入れることです。そうでなければ長い結婚生活は難しいでしょう。

それでも、スピード離婚しそうになったら

短期間で離婚することになると、親や親戚、友人や職場の同僚などにも顔向けができない気持ちが強くなりますね。祝福され、ご祝儀もいただいているのに申し訳ないという気持ちから離婚を思いとどまることもあるでしょう。それでも離婚せざるを得なくなってしまった場合、黙っているよりもお世話になった方に正直に事実を伝え、丁寧に対応するしかありません。それと同時に、離婚の原因によっては結婚に対する自分の姿勢をあらためる必要もあるでしょう。

離婚はしないで済むならそれにこしたことはありません。相手のすべてを受け入れられるかどうかが結婚生活を長く続けるポイントのひとつと言えそうです。

関連本

「結婚願望」

    
コメント