コミュニケーション

コミュニケーションに役立つ、人間関係、場面別の会話方法、心理学を応用した人付き合いなどのコミュニケーションテクニックを紹介します。

  • 話し方で人を動かす

    話し方というのは簡単なようでいて難しいものです。さらに、その場ごとに臨機応変な対応が求められるため、マニュアルが通用しないといったこともあるでしょう。そのため、話し方に関しては「習うより慣れろ」という考え方もあります。しかし、話し方にもしっかりとポイントがあるものです。

  • 職場での友情は成立する?

    ほとんどの人は、仕事をする上で会社に勤めています。この会社という組織は、現在ならばいくつのも会社を渡り歩くことも珍しくありませんが、かつては一度就職したら、そこで定年まで過ごすことが当たり前とされていました。そのため、よほどのことがないかぎり会社を辞めるないということが前提であり、退職の理由も会社都合よりも自己都合の方が良いとされてきました。

  • ひらめきや直感は大事?

    ビジネスや、勉強、あるいは人生の選択などにおいては良く悩むことが大切だといわれます。確かに、長く考えることによって、堅実な結論が出る側面はあるでしょう。しかしながら、ひらめきや直感といったものも、ある意味では正しいこともあるのです。

  • 相手を知るコミュニケーション

    コミュニケーション能力は日常生活や、仕事などで常に求められるスキルです。しかし、コミュニケーションスキルほどあいまいで難しいものはありません。マニュアルが通用しない世界でもあるといえるでしょう。

  • 伝え方が9割の理由とは?

    相手とのコミュニケーションにおいて、必要なものは「伝え方」である。その「伝え方」次第で9割の物事が決まる。そんな大胆な提案で100万部を超えるベストセラーとなった、佐々木圭一の「伝え方が9割」のマンガ版が本書です。「まんがでわかる 伝え方が9割 」です。星井博文のシナリオ、大舞キリコがマンガを担当しています。

  • エリートを倒すにはどうすればいい?

    プロ野球球団の千葉ロッテマリーンズで活躍し、WBC日本代表にも選ばれた、元プロ野球選手、里崎智也によるビジネス本が「エリートの倒し方:天才じゃなくても世界一になれた僕の思考術50」(飛鳥新社)です。

  • 内向的なことは悪い?

    内向的であることは外交的であることに比べて良くないこととされています。しかしながら果たして本当にそうなのでしょうか。

  • ディズニーメソッドを仕事に活用

    ディズニーランド、ディズニーシーで働く人たちは「キャスト」と呼ばれています。これは、遊園地そのものが夢の国の舞台であり、そこの出演者である証です。

  • 意外と怖い親子共依存

    共依存という言葉があります。自分が特定の相手との関係にとらわれている状態をいいます。例えばある人をお世話しているとして、その人におせっかいを焼かないことには気がすまない状態、それは相手が自分にお世話をされることで依存しているのはもちろん、自分も相手に依存していることになります。こうした共依存は親しい関係、恋人間、友人間、親子間などで起こりえます。

  • 「めんどくさい」はうつの症状?

    毎日当たり前にやれていたことがやれなくなる。何かをするのが「めんどくさい」と思い始めたら、うつの初期症状かも知れません。危険信号は、日常のほんのささいなところにひそんでいます。

  • 「きょうだい」分析を仕事に応用する

    仕事において大きなウエイトを占めるのは人間関係でしょう。ビジネス書においては、仕事の人間関係にまつわる書籍が多く出ています。その中で、新しい視点を提示しているものが五百田達成による『不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち 「きょうだい型」性格分析&コミュニケーション』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。

  • 絞首台の笑いとは何か?

    心理学の用語で「絞首台の笑い」というものがあります。これはなんでしょうか。

  • 意識高い系は悪なのか?

    意識高い系、という言葉がいわれるようになって久しいです。どちらかといえば、ネガティブ、揶揄的な意味合いでこの言葉は使われています。

  • サークラの本音本

    サークルクラッシャーという言葉があります。もうネットではおなじみのものでしょう。男性主体のサークルやコミュニティの中に女性が登場することによって、恋愛関係をめぐりサークルが崩壊にいたる現象、さらにその原因となる人をサークルクラッシャーを呼びます。

  • はてな論壇とはなにか?

    インターネットは市民の間に普及するようになっておよそ20年の歴史があります。ですが、当初のインターネットは誰もがどこでも接続できるものではありませんでした。初期のインターネットは特定の人が接続するメディアだったのです。そんな時代を現す言葉としてブログ論壇というものがありました。特にはてなダイアリーにおいて、そうした現象が顕著に見られたため、ブログ論壇は、はてな論壇とも言われることがあります。

  • 居場所作りは簡単?

    現代を生きる人々にとって居場所作りはひとつのキーワードだったりします。携帯やスマホではつながっていても実は実際のリアルな交流はなく孤独といった世界もあります。ですが居場所作りは実際は簡単なことだったりします。松本哉による「世界マヌケ反乱の手引書:ふざけた場所の作り方」(筑摩書房)には、そんな居場所作りに関するハウツーが多く掲載されています。

  • 突発OFF板とは何か?

    いまはネットで知り合った人と、実際に会うオフ会というのはひんぱんに行われるもので、なにも特別なものではありません。オフ会に集まる名目はさまざまです。同じ趣味を共有している、同じイベントに参加するなどさまざまです。オフ会にはなんらかの目的があるといえるでしょう。

  • コスパ飯はアリなのか?

    ネットニュースなどを見ているコスパ飯といったものが取り上げられることがあります。値段が安くて量が多くておいしい食べ物が紹介されています。その一方で、ファミリーレストランやチェーン店などで、できるだけ安く量を食べるといったことも追求されています。

  • つかず離れず、がちょうどいい? 「ママ友コミュニケーション」みんなの本音

    株式会社ほけんの時間が運営する「家計の時間(http://www.hokennojikan.com/journal/)」では、4月から始まる新生活にひもづき、既婚女性を対象に「ママ友とのコミュニケーション」にまつわるアンケートを実施しました。その結果をご紹介し

  • 夢がない若者を救うネガポジ・メソッドとは

    「自分に自信が持てない」 「他人のことが信用できない」 「夢も希望もなくてやる気が出ない」 このようなネガティブな状態に陥ってしまったとき、 あなたはどうしていますか? 「中卒のカリスマ」の異名を持つ黒沢一樹さんは、 著書『世渡りの

1 / 8 1 2 3 4 5 最後 »