コミュニケーション

コミュニケーションに役立つ、人間関係、場面別の会話方法、心理学を応用した人付き合いなどのコミュニケーションテクニックを紹介します。

  • 大事なことは1分で話す

    ビジネスシーンにおいて相手へ交渉などをする場合には、ポイントを的確に伝える必要があります。ただし、あまりにも簡潔な言葉だけであると、なんだか味気ない印象も持たれてしまいます。

  • 説明を型できわめる

    ビジネスの商談などだけではなく、日常生活のあらゆる場面で説明を求められることがあるでしょう。その時に、自分なりに一生懸命に説明をしようとしてもなかなか伝わらず、もどかしい思いをした人も多いかもしれません。

  • 心は3秒でつかむべし

    ビジネスシーンなどにおいて、初対面の相手に良い印象を持ってもらうことはとても大切です。この第一印象というのは、一度ついてしまうと拭い去ることがなかなか難しいとも言われていますね。

  • 猫から心理学を学ぶ

    猫好きな人は多いでしょう。猫はきまぐれな動物です。自分の思い通りにいかないとプイとどこかへ行ってしまいますし、時には寂しがり屋のように甘えてきます。なかなか猫の気持ちはわかりません。しかしながら、猫の選択は必ず快適であるか、あるいは不快であるかがベースにあり、非常にシンプルであるといえるでしょう。

  • わかりやすい説明のコツは?

    あらゆる場面で、相手に向けて説明をする機会はあるでしょう。自分が説明をした時に「わかりやすいですね」といわれることは、とても嬉しいものです。それは、何も話がうまい人だけの特権ではありません。わかりやすい説明は、コツをつかめば誰にでもできるものなのです。

  • プロ講師の話し方に学ぶ

    話し方が上手くなりたいと思っている人は多いでしょう。特に、仕事において交渉や営業をしなければならないとき、相手の心をつかむ話し方は非常に大切です。これは経験が大事であるという一方で、上手く話すためのポイントも存在します。

  • 会話術は共通項ではない?

    会話におけるポイントは、共通の話題があることだと思われがちです。確かに共通の話題があると会話が弾むということはありますが、決してそればかりが重要なわけではありません。

  • ビジネスに心理術を応用する

    ビジネスシーンにおいて、心理術は重要なテクニックであるといえるでしょう。これは、何も特殊な能力や資格が必要なわけではありません。ポイントをおさえれば誰でも行うことができます。

  • ビジネスと心理学を結びつける

    ビジネスにおいて心理学は欠かせないキーワードです。お客様の心をつかむこと、さらにはビジネスの相手の心をとらえるため、心理学は重要だといえるでしょう。

  • 形容詞を使わない表現力

    メールや文書を記すときに、つい使いがちなのが形容詞です。○○のような、といったものですね。これは、伝わることは伝わるのですが、同時に抽象的な内容もはらんでいます。

  • 話し方で人を動かす

    話し方というのは簡単なようでいて難しいものです。さらに、その場ごとに臨機応変な対応が求められるため、マニュアルが通用しないといったこともあるでしょう。そのため、話し方に関しては「習うより慣れろ」という考え方もあります。しかし、話し方にもしっかりとポイントがあるものです。

  • 職場での友情は成立する?

    ほとんどの人は、仕事をする上で会社に勤めています。この会社という組織は、現在ならばいくつのも会社を渡り歩くことも珍しくありませんが、かつては一度就職したら、そこで定年まで過ごすことが当たり前とされていました。そのため、よほどのことがないかぎり会社を辞めるないということが前提であり、退職の理由も会社都合よりも自己都合の方が良いとされてきました。

  • ひらめきや直感は大事?

    ビジネスや、勉強、あるいは人生の選択などにおいては良く悩むことが大切だといわれます。確かに、長く考えることによって、堅実な結論が出る側面はあるでしょう。しかしながら、ひらめきや直感といったものも、ある意味では正しいこともあるのです。

  • 相手を知るコミュニケーション

    コミュニケーション能力は日常生活や、仕事などで常に求められるスキルです。しかし、コミュニケーションスキルほどあいまいで難しいものはありません。マニュアルが通用しない世界でもあるといえるでしょう。

  • 伝え方が9割の理由とは?

    相手とのコミュニケーションにおいて、必要なものは「伝え方」である。その「伝え方」次第で9割の物事が決まる。そんな大胆な提案で100万部を超えるベストセラーとなった、佐々木圭一の「伝え方が9割」のマンガ版が本書です。「まんがでわかる 伝え方が9割 」です。星井博文のシナリオ、大舞キリコがマンガを担当しています。

  • エリートを倒すにはどうすればいい?

    プロ野球球団の千葉ロッテマリーンズで活躍し、WBC日本代表にも選ばれた、元プロ野球選手、里崎智也によるビジネス本が「エリートの倒し方:天才じゃなくても世界一になれた僕の思考術50」(飛鳥新社)です。

  • 内向的なことは悪い?

    内向的であることは外交的であることに比べて良くないこととされています。しかしながら果たして本当にそうなのでしょうか。

  • ディズニーメソッドを仕事に活用

    ディズニーランド、ディズニーシーで働く人たちは「キャスト」と呼ばれています。これは、遊園地そのものが夢の国の舞台であり、そこの出演者である証です。

  • 意外と怖い親子共依存

    共依存という言葉があります。自分が特定の相手との関係にとらわれている状態をいいます。例えばある人をお世話しているとして、その人におせっかいを焼かないことには気がすまない状態、それは相手が自分にお世話をされることで依存しているのはもちろん、自分も相手に依存していることになります。こうした共依存は親しい関係、恋人間、友人間、親子間などで起こりえます。

  • 「めんどくさい」はうつの症状?

    毎日当たり前にやれていたことがやれなくなる。何かをするのが「めんどくさい」と思い始めたら、うつの初期症状かも知れません。危険信号は、日常のほんのささいなところにひそんでいます。

1 / 8 1 2 3 4 5 最後 »