日本語の文法を学び直す

日常生活において、何気なく使っている言葉づかいが実は誤用であったということはよくあります。さらに、日本語というのはあいまいな表現が多く、それぞれの文法上の違いをはっきりと説明できる人も少ないのではないでしょうか。

学び直してみる

日本人ならば日本語がわかって当然という立場を一旦離れて、日本語を文法から学び直してみるというのも面白いのではないでしょうか。そんな時におすすめの本が、原沢伊都夫による『日本人のための日本語文法入門』 (講談社現代新書)です。

何が書かれている?

本書にはどのような内容が記されているのでしょうか。まず日本語に主語は必要かという基本的な内容から、「は」と「が」の助詞の違い、受身文にはどのようなルーツがあるのかなど、多岐に渡っています。そのため、日本語を使っていてふと浮かぶ疑問に対し、具体的にわかりやすく答えてくれます。さらに、事あるごとに問題とされてきた「ら抜き言葉」や「さ入れ言葉」などについても言及されていますので、日本語を話す人々にとって、非常にためになる本だと言えるでしょう。

なぜ間違っているのか?

本書で特徴的なのは、正しい日本語ではなく、間違った日本語とその理由を明確に説明していることでしょう。謝った日本語と、それがどうして謝りなのか論理的に説明しているため、日本語の規則的な部分について理解が深まる一冊になっています。