コミュ力向上の鍵は質問力にあった!?

一対一で話をする時に、なかなか話が盛り上がらずに、お互い沈黙の時間が過ぎてしまう……そんな経験したことがありませんか? トークスキルがないと一対一の話し合いなどは、なかなかうまくいかないことがあります。そこで今回は、一対一のコミュニケーションを円滑にする質問力についてご紹介します。


■質問をする時の心構え

質問をする時は、気負う必要はなく、常に「いつもの自分」でいるように心がけましょう。フラットな状態を保つことで、自分の気持ちが相手にストレートに伝わるものです。そうすることで、一対一の場面でのコミュニケーションでも相手に信頼されるようになり、相手から答えを引き出すことができます。

■よりよい質問をするには

「これを聞きたい! 」と思ったことをまず質問してみるのが一番です。この時、重要なのが、相手を尊敬する気持ちと理解しようとする態度を持っているかということ。こうした気持ちと態度をもっている限り、相手に対して失礼な質問にはなりません。相手の良い点をさらに発見すれば、よりよい質問ができるようになります。

また、自分の中での当たり前の出来事を疑って、そのことに関して相手に質問をしてみましょう。そうすることで、まだ見えていなかった事柄も、相手から引き出せることも数多くあります。発想を転換しながらどんどん質問を考えることが大切です。

■どう受け答えるか

質問で大事なのが、しっかりと聞く姿勢。「わかります」の知ったかぶりやわかったふりはしてはいけません。知らないことは知らないと相手に再び投げかけましょう。

また、相手の話を要約してタイトル付けをすることで、話を理解しているということが相手に伝わります。そうすると、相手の気分も良くなり、どんどんノッてくるので更なる答えが引き出せます。

どうにも一対一のコミュニケーションがうまく盛り上がらないと感じている人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

『相手に9割しゃべらせる質問術(おち まさと)』の詳細を調べる

    
コメント