説明は速さで決まる

ビジネスシーンにおいて必要とされるスキルはいくつかあります。そこにおいて、ひとつの重要なものとされているものは説明力ではないでしょうか。説明をする場面というのはどこにでも存在していますよね。外へ営業を行う場面はもちろんのことですし、あるいは社内においてもプレゼンテーションを行う機会はあるでしょう。

何をすればいいのか?

しかしながら、説明がうまい人というのは、どういうところがうまいのかといったことをまず問われるとしたならば、果たしてそれはどういったテクニックであるのだろうかと気になる人は多いでしょう。そうした人に向けた本として中村圭による『説明は速さで決まる ~ 一瞬で理解される「伝え方」の技術 ~ 』(きずな出版)です。本書は、世界各国で受賞をしたコピーライターである著者が、わかりやすさを伝えるための技術を記したものです。

説明はなぜうまい

そもそも説明がうまい著者はなぜそうしたテクニックを身につけたのでしょうか。気になる人は多いでしょうが、まず行っているのは著者はもともと話しているうちに、自分が何を説明しているのかがわからなくなるようなタイプの、いわば説明下手な人物でしたが、そちらをコピーライターの技術を応用することによってうまくいくようになったそうです。いわば試行錯誤の歴史がそこに記されているわけですから、誰しも、現在進行系で悩める人たちに向けた本であると言えるでしょう。