初対面の相手により良い第一印象を与える方法

何事も初めが肝心とはよく言ったもので、第一印象でその人の全てが決まると言っても過言ではありません。そして、その印象というのは変えようとしても、なかなか変えられないものです。相手に悪い第一印象を与えないようにするには、どうしたらいいのでしょうか。初対面の相手により良い第一印象を与える方法をご紹介します。


■積極的に自分をアピール

相手に好かれるためには、こちらから積極的に歩み寄る必要があります。人見知りの方もいるでしょう。しかし、そこは頑張って一歩踏み出し、自分はこういう人間だとアピールしましょう。相手に自分を知ってもらう事により、共通の趣味などの話題が出やすくなり、更なるコミュニケーションへ発展させる事が出来ます。

■相手との共通点を作る

”類は友を呼ぶ”という言葉があります。その言葉通り、人は自分に似ている相手に好感を持つものです。相手がどのようなしぐさをするか、どんな喋り方をするかなど観察してみましょう。そして、露骨にならないようにさりげなく、それを取り入れて見ると、相手は必ず好感を持って接してくれます。

■スキンシップを取る

日本人は、欧米の人に比べてスキンシップを取るという事が少ないように思われます。同性ならまだしも、異性だと特別な意味を持ってしまう場合がありますからね。スキンシップとして特別な意味を持たず、最も効果的なもの。それは

握手

です。まず、初めに挨拶と

握手

。そして、最後に分かれる時にも

握手

。この時は

力強く、握りしめるような握手

をおすすめします。

力強く、印象的な握手

というのは記憶に残りやすいものです。

第一印象は人の印象を形づける大切な要素です。「絶対にこの人との関係を継続していきたい」、「この人との繋がりを強くしておきたい」と言った”ここぞ”という場面に、今回ご紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。

「90秒で“相手の心をつかむ!”技術(ニコラス ブースマン)」の詳細を調べる

    
コメント