「聞き上手」になることから「話上手」の道が開ける

初対面の人とも会話を盛り上げないといけないというシチュエーション、誰しも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。話がうまく盛り上がらず、気まずい思いをしたこともしばしば……。こんな時、会話が途切れないテクニックとはどんなものなのでしょうか。


■まずは相手の話を聞く力をつける

自分自身も、相手もお互い「自分の話」をしたいもの。話を聞いてくれる人がいれば、どんどん話してしまうものです。会話が苦手だなと感じる人は、まず「聞く力」を身につけましょう。もちろん、単に“聴く”のではなく、ちゃんと相手の話にうなづき、反応すること。そして、共感する言葉を伝えることです。「大変ですね」「よかったですね」と返すと会話は終わってしまいます。「楽しみですね」「しんどいですね」と、相手に共感しているというメッセージを送りましょう。

■会話のネタは「事実」+「ちょっとした気持ち」

雑談をする時に、会話のネタはどんなものがいいのでしょうか。ベストなのは、あなたの普段の行動。自分には当たり前だと思えることではあっても、他の人には新鮮な話に聞こえることもあります。この話がどんなにありふれたものでも、具体的に伝えるようにすれば、会話はふくらんでいくのです。事実に加えて、あなたのちょっとした気持ちを言い添えて、気持ちをオープンにすると打ちとけやすい雰囲気が出来上がります。

■それでも話題が尽きそうになったら

なんとか会話を続けようとしても、途切れてしまうことはあります。そんな時は、定番の天気の話でも、「雨だと、~なので困りますね」というように自分の気持ちをひとこと付け加えると、会話が続きやすくなります。相手が取引先の方なら、自社のこぼれ話や、自分の仕事ぶりなどをネタにするのもいいでしょう。また、ネガティブな内容が話題に出てきたとしても、相手をヘンに励ましたり、自分の価値観を押し付けず、ひたすら聞いて共感することが会話を続けるコツなのです。

会話をするということは、相手への思いやりを発揮すること。1対1で会話していると、同じタイミングで何かを言おうとしてしまって、話す順番を譲り合うということもありますよね。お互いが相手を思いやりながら会話しているからこその譲り合いなのです。

「誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方 66のルール(野口 敏)」の詳細を調べる

    
コメント