覚えておきたい、人を励ます上手いセリフ

友人や恋人などが悩んでいたり、愚痴をこぼしてきたりしたら、なんとか励ましたい。片思いの相手を口説きたい、と思っても上手い言葉が見つからない。そんなことってありますよね。そんな時に覚えておくと役立つセリフをご紹介します。


■「頑張りすぎないで」

悩んでいる人に対するセリフ。「あなたはいつも頑張っている」「頑張らなくても価値がある」という2つの思いを同時に伝えることができます。

■「俺もフラれたことがあってさあ」と、フラれた体験談を話す

フラれてしまったという相手に対しては、自分の体験談や、相手と同じくらい辛いエピソードを話すといいでしょう。励ましの言葉よりも、体験を聞くことでずっと心の癒しになるのだそうです。

■「いいと思うよ、だけどね……」

相手の意見に反対を示すとき、考えを変えた方がいいのではないかと思う時は、いったん相手の考えを否定せずに認めましょう。その次に「ただ、大事なことだからもう少し考えてみたら?」というように、自分の意見をソフトに伝えます。

■「あなただから言うのだけど」

相談するときに「あなただから」と、オンリーユーであることを強調すると、数ある異性の中から自分が選ばれたのだと、相手もうれしい気持ちになり、人は心を開くのです。

■「自分が嬉しかった言葉」を伝える

人間は自分と似た人を好きになる傾向があり、その相手も自分と同じ思考であることが多いのです。したがって、これまで、自分が言われて嬉しかったと感じることは仲間や友人たちにとってもうれしい言葉である可能性が高いのです。

自分のセリフが「どうも決定力に欠ける」と思う時、うまく相手に伝えられるコツを覚えておくと、人間関係がよりよくなるかもしれませんね。

3秒で好かれる心理術 (ゆうきゆう)の詳細を調べる

    
コメント