デキる人の質問の仕方

会話の中でも、会議の中でも質問一つで活性化するかどうか変わってきます。高い評価を受ける人は良い質問をするものです。デキる人になるためには、どのような質問をしたら良いのでしょうか。今回は良い質問をするための力、質問力を上げる方法を紹介します。


■なぜ人は他人の話が聞けないのか?

会話をする上では、相手に質問して話させる方が良いとはわかっていても、他人に質問できない人がいます。そこには幾つかの理由があります。

  • 話し手のほうが高い評価を受けると思い込んでいる
  • 相手よりも自分が重要な存在だと思い込んでいる
  • 相手よりも自分が知識があると思い込んでいる
  • 自分の考えが正しいと思い込んでいる

まず人の話を聞けない人はこれらの理由を自覚しましょう。議論を活発化するためにも人の話を聞く必要があるため、これらの思い込みを捨てましょう。

■2つの質問を使い分けろ

質問には2種類あります。時と場合に応じて2つの質問を使い分ける必要があります。

クローズド・クエスチョン

クローズド・クエスチョンとは、YESかNOで答えられるような質問のことをいいます。択一で答えられる質問の仕方なので、事実をはっきりさせたい時や答えをすぐ出してもらいたい時にはクローズド・クエスチョンが効果的です。

オープン・クエスチョン

クローズド・クエスチョンと対照的に、オープン・クエスチョンは「どうして-なのか?」や「どうやって-するのか?」などのように、相手が自由に答えられるような質問のことをいいます。オープン・クエスチョンを使うことで、相手に自由に考えてもらうときにはオープン・クエスチョンが効果的です。

■良い質問をするためには

良い質問をするためには、会話をどんなものにするかを考えておく必要があります。そして会話の前に、オープン・クエスチョンを用意しておくのが良いでしょう。練習しておくとなおさら良いでしょう。

また、目的に合った言葉を使いましょう。例えば、売上が落ちていることについて話し合う時の目的は、売上減収の改善です。そのため、「なぜ売り上げが落ちているのか」よりは「どんなことが出来るだろうか、考えられるだろうか」という問いを使ったほうが良いのです。そこで質問はシンプルなものを心がけましょう

■答えを誘導するな

良い質問をするためには、避けるべき質問があります。それは答えを誘導するような質問。自分が主導権を握り、会話のペースをコントロールしようと答えを誘導してしまうことがありますが、会話の活性化のためには不要です。また、選択を限定するような質問も避けましょう。

良い質問を通して思わぬ発見をすることもあります。質問から議論の活性化を図りましょう。

「コーチングのプロが使っている質問力ノート(ルパート・イールズ=ホワイト)」の詳細を調べる

    
コメント