エグゼクティブに学ぶ人前での話し方

なかなか人前で話すのが苦手……という人は少なくないのではないのでしょうか。そこで注目して欲しいのがエグゼクティブの人です。人前で話すことが多いエグゼクティブの人と、いっぱしの平社員では話し方は大きく異なります。大勢の前で話すことが多い人は一体どんなことに気をつけているのでしょうか。今回は、エグゼクティブに学ぶ人前での話し方をご紹介します。


■自分の印象と話し方をマッチさせる

まず第一に大切なのが、話し方と自分の印象をマッチさせることです。自分の印象から聞き手が期待している話し方をすることを心がけましょう。そのためにはまず自分が他人からどう見られたいのかを意識すべきです。自分がどのように見られたいかが決まったら,その印象にあった話し方を考えます。声の高さや速さなどを意識するだけでも変わってくるものです。

また、他人が自分に対してどういう第一印象を持つのかを把握することも重要です。第一印象と見られたい人物像がかけ離れている場合は,第一印象を修正するように服装などを見直してみましょう。

■エグゼクティブは軽くない!

エグゼクティブは人の上に立つ立場の人間として、「楽しい」「面白い」という印象を与える軽い話し方よりも,話の内容や自分の思いを相手に印象づけて信頼を得やすい重みを感じさせる話し方を心がけます。そのためにも、フラフラとせずに、絶えず動かないで重みを出すことが重要です。瞬きさえも我慢することも時には必要とされます。

■話す内容にも気をつける

もちろん話すときの振舞いや話し方も大事ですが、やはり大事なのは話す内容です。

言葉を正確に使う

自分の言い方、呼び方で慣れているかもしれませんが、正しい言葉の読み方やアクセントで話しましょう。

具体的に発言する

空虚なことを話すことも時には必要ですが、ほとんどの場合、数字を使って示したり、情報源を明らかにして、推測の出来事は話さないようにしましょう。

事実と感情を分けて表現する

公の場では感情の言葉が求められることはほとんどなく、必要ありません。なるべく事実を中心にして話してあげましょう。

エグゼクティブは人前での話し方はうまいもの。真似できるところから真似してみてはいかがでしょうか。

「その話し方では軽すぎます!  エグゼクティブが鍛えている『人前で話す技法』(矢野香)」の詳細を調べる

    
コメント