大事なことは1分で話す

ビジネスシーンにおいて相手へ交渉などをする場合には、ポイントを的確に伝える必要があります。ただし、あまりにも簡潔な言葉だけであると、なんだか味気ない印象も持たれてしまいます。


大事なことに重きを置く

そういった場面において大切なものは、伝えるべきことを確認することです。つまり、プライオリティの問題であるとも言えるでしょう。そんな相手への交渉や説明など的確に伝える必要のある場面で役に立つのが伊藤羊一による『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』(SBクリエイティブ)です。本書は人にものを伝えるにはどうすればいいのか、その問いかけにシンプルな答えを導き出しています。

理解を促す

自分の話がなかなか伝わらないときに、相手の理解力が足りないせいだと思ってはいないでしょうか。しかし、それは間違いです。もちろん、例外もあるかもしれませんが、大抵は相手に理解させようとするこちらの努力が足りないのだと言えるでしょう。

結論が大事

本書で取り上げられている注目ポイントは3つです。まず、的確に相手に伝わる話し方は結論ありきであり、そのものとなる根拠を提示しているということです。さらに、類似した例を出すことも重要です。そうすることによってまったくの未知のもの、理解不能なものから、相手にとって身近なものへと変化していくのです。その様は実に鮮やかです。シンプルでわかりやすい伝え方をマスターすることは大変かもしれませんが、まずはその第一歩として、本書を手に取ってみてはいかがでしょうか。

    
コメント