聞き手の心得完全マスター 話し手を喜ばす話の聞き方

会話はコミュニケーションの中でも、基本中の基本。会話を通してあなたの印象も変わってきます。「どう話そう?」「どういう言葉をかけよう?」話し手の立場に立った考えも重要ですが、聞き手として話を受ける役目に回ったときも、相手に良い印象を与える方法はたくさんあります。今回は『「嫌われたかも!?」と心配にならない話し方のルール』(植西聰・著)から聞き手の心得を紹介します。相手が話していて気持よくなれるコツをマスターしましょう。


■人は自分の話を聞いてもらいたがっている

人間には誰にでも自分の話を聞いてもらうことで自分に関心を持ってもらい、共感してもらいたいという欲求があります。そして欲求を満たしてくれた人には安心感を覚え、自ら心を開かざるにはいられなくなります。心を開いて気心の知れた間柄になるためには、意識の焦点を相手に向けながら話を聞くというスタンスを徹底しましょう。自分を捨て目の前の相手に意識を向けることで、相手の話に共感・同意しやすくなります。

■オープン・クウェスチョンとクローズド・クウェスチョン

相手の話をたくさん聞いたら、今度は、その話の内容に関してあなたが質問する番です。「旅行に行かれたんですね。楽しかったですか?」こう聞かれると「はい」、「いいえ」しか答える選択肢がありません。このような閉ざされた質問を「クローズド・クウェスチョン」と呼びます。

対して「オープン・クウェスチョン」と呼ばれる尋ね方はどうでしょう。「旅行に行かれたんですね。向こうでは何を食べたのですか?」このように尋ねることで、会話をどんどん弾ませることができます。積極的に「オープン・クウェスチョン」を心がけていきましょう。

■上手な人の褒め方とは

あなたは「人を褒める」という行為をしているでしょうか? 素直に自分の言葉を使って人を褒めることで、相手も上機嫌になって「この人と話していると楽しい」という気持ちでいっぱいになります。このとき注意したいのは、褒められて嬉しいことは個人によって様々だ、ということ。銀座の高級ホステスで一番指名を受ける人気ホステスになるためには、お客様と会った瞬間に褒めるポイントを発見できるようになることが大事だそうです。

「この人は何を褒められたら嬉しいのだろうか」と、常に相手の興味・関心や嗜好性に対してアンテナをはっておくこと。相手を喜ばせる上手な褒め方として、心掛けたいものです。

同じ本の記事

「脱・コミュ障! 気まずくならない会話術」の詳細を調べる

    
コメント