相手を褒めることで良好な関係に! 相手によって変わる褒め方のパターン

会社にはいろんなタイプの社員がいます。社員全員の人と仲良しというわけにもいかず、中には自分にとって苦手な社員がいるはずです。苦手なタイプな人とどううまく付き合っていくのかという課題を解決するためには、その社員を褒めてあげるということが有効です。ただし「人を褒める」ということも案外難しいもの。逆に間柄を悪くしてしまう可能性もあります。うまく相手を褒め、会社の中で八方美人を超えた「百方美人」になってみる褒め方をご紹介します。


■ダメな社員

成績が悪い社員には、強みや長所を具体的に褒めてあげると効果的です。でも、「褒めるところなんてない!」と思ってしまうような社員もいることでしょう。そんな時には、その社員の可能性を褒めてあげましょう。「筋がいいね。」なんて言ってあげましょう。

■デキる社員

成績がいつでもトップの社員を褒めるときはどうでしょう。実は、成績が一番であることが常になっている人ほど案外褒められていないものです。そんな人には、さらなる可能性に気付かせるような褒め方をしてあげましょう。

■年上の部下

自分より年配の部下を持っている場合は難しい立場に立たされているはず。こんなときは何よりもまず、敬意をもって接することが基本となります。部下であっても年長者に対しての敬意を忘れずに、「○○さんのおかげです。」と褒めることが重要です。要望や意見があっても、褒めてから伝えるのが良いでしょう。

■若手社員

若手社員には細やかな対応が必要です。プロセスに注目して、小さな進歩を褒めてみたり、数字や事実を具体的に褒めてあげると良いでしょう。

他人を褒める事で誰に対しても分け隔てなく長所を探し、それを認めることが出来ます。社員との接し方に困ったときはこうして褒めてみるのはいかがでしょうか。

前の記事

「アンジャッシュ渡部の褒め会話テクニック」

参考本

「ほめ言葉ハンドブック」

    
コメント