わかりやすい説明のコツは?

あらゆる場面で、相手に向けて説明をする機会はあるでしょう。自分が説明をした時に「わかりやすいですね」といわれることは、とても嬉しいものです。それは、何も話がうまい人だけの特権ではありません。わかりやすい説明は、コツをつかめば誰にでもできるものなのです。


わかりやすい説明とは?

浅田すぐるによる『「いまの説明、わかりやすいね! 」と言われるコツ 』(サンマーク出版)では、わかりやすい説明の仕方を、ポイントに絞って解説しています。紹介されているのは、大きく分けて3つのポイントです。まずは、「ポージング」です。説明は言葉だけでするものではありません。動作を含めて相手に印象を与えることが必要なのです。さらに、「見せる」ことも重要なポイントです。言葉ばかりではなく、わかりやすい資料を用意するといった工夫ですね。これは意識しているようでいて、つい話すことに集中して忘れてしまいがちですね。そして、わかりやすい資料を「指をさして」説明するのもポイントだといえるでしょう。ここにあげている内容を見るだけでも、誰でも意識すればできることばかりです。しかし、そうしたことが実際にはできていないのです。

つめこみすぎない

本書では、説明の仕方だけでなく、ポイントをつめこみすぎない方法についても記されています。あれもこれもつめこんでしまったがゆえに、情報量が多くなってしまうのは、かえって相手の混乱を招いてしまうのです。自分だけではなく、説明する相手の目線に立った内容になっていますので、説明というコミュニケーションにおける基本的なことに気づかせてくれる本でもあるといえるでしょう。

    
コメント