相手に「通じる」話し方を身に付ける為の3つの方法

人と話していても、自分の思いがなかなか相手に伝わらず、悔しい思いをした事があると言う方はたくさんいると思います。誰が、何を、どう話せば相手に"通じる"話し方ができるのでしょうか。今回は、相手にきちんと通じる話し方を身に付ける方法をご紹介します。


1. 自分のメディア力を上げる

メディア力が高い人と言うのは、自分の聞いて欲しい事を相手にきちんと聞いてもらえる人の事を言います。メディア力を上げる為には、根拠のない噂をすぐに否定し、自分の非は積極的に正直に認めるなど、きちんと説明する様にして、噂を立てられないようにしましょう。

2. 自分が一番言いたいことをはっきりさせる

話に決めがないと、話自体に意味が無く、あたりさわりがなくなってしまいます。それは心から話したい問いなのか"論点"を決め、その話は一体どう言う物なのかと言う"話の構成"を決めると良いでしょう。

3. 自分の根っこの想いにうそをつかない

初対面の相手と話す時は、気を遣って話す事を慎重に選びそうになりますが、そう言う時こそ、自分に嘘のない振る舞いが必要になってきます。相手は自分がどう言う人間で、どう言う事に興味があるかと言う事を知りません。表現されない"自己"と言うのは無に等しいと考えて良いでしょう。

どうやら"自分"を積極的にアピールする事が、大切なようです。どうも話が上手くいかないとお悩みの方は試してみてはいかがでしょうか?

「あなたの話はなぜ「通じない」のか(山田ズーニー)」の詳細を調べる

    
コメント