話がつまらない理由?

話がつまらない人というのはよくいますね。反対に、話がとても面白い人がいます。この違いはなんなのでしょうか。

そもそも論へ向き合う

美濃部達宏による『なぜ、あなたの話はつまらないのか?』(あさ出版)は、現役の放送作家による筆者の話し方論というべき本です。安住紳一郎、リリー・フランキー、ロンブー淳といった、具体的な人物を出しながら、その人たちの話し方のテクニックが、いかに人を惹きつけているかについて解説がなされています。それはその人そのものが持っている能力であることはもちろんのこと、誰にでも学べるテクニックである、そうした要素があるのは確かですね。

組み立てが大事

著者は放送作家として、世の中のあらゆるトピックを取り上げて、テレビ番組として面白く見せるための仕事を行ってきている人です。いわば、素材をどのように調理すれば、うまくいくのかというノウハウがそこにはあると言えるでしょう。ちょっとした工夫で話が面白くなることもあるのです。

マル秘テクニック

もちろん現役の放送作家であるわけですから、話を面白くするための、マル秘テクニックというべき奥義もそこにはあります。本書ではそれらのテクニックに関しても余すところなく紹介されていますので、まずてっとり早く、話がうまくなりたい、面白い話をするようになりたいという人にもおすすめの本です。