日常の会話において、チェックしておきたい3つのタイプ

あなたの周りに特徴的な喋り方をする人っていませんか?身振り手振りを交えてゆっくり喋る人、捲し立てるように喋る人など、様々なタイプがいると思います。実は、相手の喋り方だけで、どんな事に興味があり、どんな対応をしたら喜ばれるかを見抜く方法があるんです。今回はその喋り方を3つに分けてご紹介します。


1. 早口でテキパキと喋る

早口で喋る人は、物事がどう見えるかに関心を持ちます。視覚を頼りにする事が多いので、写真の多い資料など視覚に訴える物が効果的です。また、言葉も視覚に関するものが多く使われるのが特徴です。喋るスピードだけではなく、頭の回転も速いので、会話の引き出しをたくさん持っておくと良いでしょう。

2. ゆっくりと丁寧に喋る

ゆっくりと喋る人は、物事をどんな風に感じるかに関心を持ちます。触覚を頼りにする事が多いので、丁寧な分析を重ねた資料など、自分の考えを伝えられるような物が効果的です。また、触覚や感覚に関する言葉が多く使われるのが特徴です。1対1の会談の時間を取るなどして、じっくりと濃密な時間を作ると良いでしょう。

3. 1と2の中間ぐらいで喋る

1と2、どちらとも言えない喋り方の場合は、物事からどんな音がするかに関心を持ちます。聴覚を頼りにする事が多いので、たくさん会話を重ねて、自分の言葉を聞いてもらうようにするのが効果的です。また、聴覚に関する言葉が多く使われるのが特徴です。表情が豊かで話し好きな人が多いので、自分が喋るだけではなく、相手の話もよく聞き、しっかりとした反応や意思表示をすると良いでしょう。

どんな関係の人であっても、普段の会話の何気ない喋り方をチェックしておくことをおすすめします。そうすれば、会議や大事な商談の際に、どこに重点を置けば効果的に伝える事が出来るのかが分かり、事前準備もやりやすくなるでしょう。

「90秒で“相手の心をつかむ!”技術(ニコラス ブースマン)」の詳細を調べる

    
コメント