相手を説得するための3つの方法

他人を説得するのにはなかなか骨が折れるもの。とくに感情的になった相手を説得するのは大変です。そこで求められるのは、論理的に相手を説得することです。相手を説得するためにはどのように相手に自分の意見を伝えてあげれば良いのでしょうか。


■「量」ではなく「質」

伝えたいことがあるときには、矢継ぎ早に言葉を並べてしまいがちですが、人間の心というのは「情報量」ではなく「質」で動くものです。そのため、人を動かしたいの思ったら、まずは、自分に以下のような問いかけをしてみましょう。

  • 私の話を半分に削ったらどうなるのか?
  • 私の話で、本当に大切なポイントはどこか?
  • 私の話には、余計な内容が含まれていないか?
  • 私の話は、一言で表現するとしたら、どうなるのか?

こうして自分の本当に伝えたいことを絞って相手に伝えてあげましょう。

■短く一つのポイントに絞る

相手を説得したいときに、いろんなことを訴えたいこともあるでしょう。けれども、ポイントは一つに絞って伝えてあげましょう。相手も人間なので、たくさんのことを言われても、何を気をつければ良いのか理解できない場合もあります。ポイントを絞って伝えてあげると、何に気をつければいいか、すぐに理解できるようになります。

また、会話も、長くとも「3秒」で区切ることを心がけましょう。人間の呼吸のリズムはおよそ3秒間。人にメッセージを訴える時にも、3秒で話せるようにフレーズ化しておくことが重要になります。

■伝えるのは事実だけ

言いたいことを回りくどく説明すると、相手も良い思いをしません。余計な話をしないで、事実だけを伝えましょう。そこには、自分の意見も要りません。上司を説得するときでも、わざわざ自分の意見を主張しようとするから、かえって上司も反発してしまい上手くいかないのです。相手が意見を変えるに足りる情報をただ伝えてあげる、それだけで良いのです。

相手を説得するのは心が折れることかもしれません。参考になったところは実践してみてはいかがでしょうか。

「パワーロジック : 論理の鎖で相手をつかむ無敵の説得術(内藤誼人)」の詳細を調べる

    
コメント